スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都グルメ旅・三千院

朝ホテルを10時に出て大原三千院に向かったが、道は細くて車が行き違うのもひと苦労。
どんどん登って行き一番近い駐車場に止めたが、もみじの季節は大混雑で何時間待ちになるだろう。
バス停からも長い階段を上らなくてはならないので、健康な人が来る所と思う。


三千院5
                  三千院門跡

      
三千院
                  聚碧園

三千院2
                往生極楽院

入場券 
                 
三千院は四季折々楽しむ事ができるようにいろいろな木々があるが、なんといってももみじで有名なところだけに楓の木がたくさんあった。
この日は庭の苔が青々ときれいだったが、赤いもみじがあったらもっときれいだろうと思いながらシャッターを押した。
車いすが通れるように整備されているので、なだらかな坂をあがっていくと行くと、金色不動堂と観音堂に着いた。

   

三千院3 
                金色不動堂 
  


三千院4
                観音堂

お昼になったので、三千院門の前のお店に入った。
生湯葉とうどんのセットを食べたが、生湯葉は絶品。
午後1時頃になり孫たちが疲れ昼寝の時間になったので、琵琶湖をぐる~と回ってドライブして名古屋に向かった。
海外旅行するようになってから、田んぼがあり山があり川があるどこにでもあるありふれた風景が、どこにでもないことに気が付いた。
ここにはここの歴史があり、培われた文化があり私の知らない事がいっぱいあるに違いない。
二度と来ることないこの景色を、窓越しにじっくり見て来た。

スポンサーサイト

京都グルメ旅・エクシブ京都八瀬離宮

 今日の宿は、お婿さんの勤め先が保養所として契約している「エクシブ京都八瀬離宮」会員制ホテル。
セミダブルベッド2つと和室があり5人までは宿泊できるが、部屋代は1部屋分。
フロントまで遠くて建物が分かれているので、迷路の様で分かりずらいところが難点。
ホテルの敷地内にある「京都華暦」の懐石料理を予約したので、ホテルから出て大きな橋を渡って行った。
中に入ると高級感が漂う通路を歩いて行く時と、気持ちがワクワクしてくるから、こうして食事へのウォーミングUPを長い通路はしているのかな?

京都ハ瀬離宮
              お手洗いの前に竹の庭




懐石1 



懐石2



懐石5 

懐石6 

お料理のおいしかったが、器も楽しむ事が出来た。
やっぱり京都はすごい!
お見事!
食事を終えて外に出ると、満月がきれいだったので橋の上で一人「幸せ」を感じてしばらく月明かりを楽しんだ。
そして迷路のような建物を迷い迷いして、ようやく部屋に戻る事ができた。





京都グルメ旅

「敬老の日」私には早い気もするが、孫が5人もいればおばあちゃんなのだ!
たまには我が家と一緒に旅行にと、娘家族が誘ってくれたので6人で京都に19日、20日の1泊旅行に出かけた。

8人乗りのワゴン車で我が家へ10時に立ち寄り高速道路をいくつか乗り継ぎ2時間で京都に着いた。
平日にもかかわらず道路は混んでいる。やっぱり日本を代表する観光地なのだ!
昼になったので、娘がネットで調べた高台寺近くの「花咲萬治郎」という「麩麺懐石」の店に入った。
ここは「ねねの道」沿いにあり景色、グルメ、お土産と三拍子揃ったおしゃれな京都ならでわの所。

寧々の道2 
                        ねねの道


寧々の道
                     舞妓さん?

 
萬治郎花咲 
                    麩麺懐石料理

麺が麩でできていてたれに付けて食べたが、もちもちしていておいしい。
夫、娘はこれに天ぷら付きのワンランクアップの物を食べたが、観光地の京都は昼の懐石でも結構な値段がするのでお座敷で3000円以下なら安い方だった。

お土産に、「懐柄紙」を買ったところ5種類の箸入などのサンプルをおまけしてくださったので、早速作って海外の方に送ってあげるつもり。
子供たちが疲れてきたので3時にホテルに入ってゆっくりした。


付知峡・苗木城跡

旅行ブログを1月かかって書いていたが、お盆休みも結構忙しく遊んでいた。
お盆は交代で子供たちがでやって来て、定年退職後は引きこもり夫は、世話に大張り切りで元気いっぱい!
16日に次男と孫と2人が泊まり、翌朝8時に家を出て付知峡に遊びに行った。
テレビで付知峡のお店「はざま」のイワナ料理を紹介されていたので食べに行く事にした。

10時頃着いたので駐車場はすいていた。足元の悪い山道を降りて小さな吊り橋を渡るとお店があった。
年配の人にはこの道は無理かもしれない。


付知 
                       吊り橋の下の滝

はざま料理 
                                イワナ定食(そば、味噌汁付き)
                       

10じ半頃から息子がお店の前に並んでくれていたので、11時から食事ができたが30人くらい並んでいた。
ネットで割引券を印刷して持っていくと、2100円が100円引きにな1日限定30食限り。
12時に帰る途中、曲がりくねった細い山道で多くの車にすれ違ったが、今日はイワナ定食は終わって食べられないヨ ~
ここから車で5分くらいの「倉屋温泉」入浴料大人600円に立ち寄ったが、休息所が広くてよかった。

高校の時遠足で来た、苗木城跡に寄って行くにした。
あの時の印象は「しょぼい! 」
しかし、苗木出身の友達が苗木城跡の写真ハガキの景色が素晴らしいかったので見て行ってみたくなった。




苗木城跡
               


苗木城跡2
                 恵那山・木曽川
        

メチャメチャ暑い中、大変な思いをして登って来たがこの景色を見たら疲れも吹っ飛んだ。
友達にメールを入れると「トマトが沢山取れたので持っていく?」
という事でスーパーで待ち合わせ、沢山のトマトと、かぼちゃ家でとれたはちみつ、をもらった。
あ~友達とはなんといいもんだろう!

孫いわく
「今日はいろんなところに行って、まるでツァーに行ったみたいだったね」

コペンハーゲン

早朝コペンハーゲンに着いた。
ここからは、東京のツァーとは別行動なり港にワゴン車と一緒に日本人ガイドさんが迎えに来てくれた。
ツァー初日に下見に行った繁華街に行き、自由行動となったのでデパートの地下のスーパーに行ってお土産をみた。
チョコレート、ワイン、クッキーどれも高い!
日本でいえば、銀座のデパートで買い物をしているようなものだから仕方がないのかも。しかも消費税は26%と聞き空港で買う事にした。

ここに来る途中、車から広場でバザールが見えたので行ってみたがあまりいい物はなく、なぜか日本の「見ざる聞かざる言わざる」の木の置物や中国の置物などもありアンティークというよりガラクタ市に見えてしまった。
それでもせっかくデンマーク来たので、毛糸の帽子を3.5ユーロで自分用に買った。
北欧の感じでしっかり編んであり、手間もかかっていた。
帰る途中どこかに交代に行く衛兵さんに出会った。


衛兵


市内のレストランで昼食をした後、午後2時頃ホテルに着いたが、デザインの国デンマークにふさわしい凝った形になっていて見る位置で感じが違った。
太陽の光をふんだんに取り入れる窓や、自家発電用の風車等いたるところに未来型となっている。


ホテル2
                       正面(2階と13階の通路)
                  

  ホテル         
                    裏側


ホテル3 
                     横側


 
ホテル5
                  2階通路


翌朝、出発の11時まで時間があったのでホテル内を見て回っていると2階の通路でドイツの子供4人が遊んでいたので折り紙を渡して「洋服」の折り方を教えあげた。
紙飛行機も好評だった。
男の子3人と5歳の女の子で5年生くらいの男の子は、「私は英語ができません」と最初に行ったのには驚いた。
年長の男の子が、最後に握手を求めてきたのにも感心した。
彼らは将来、ドイツのリーダーになるのだろうなと思った。

合計20時間に及ぶフライトでようやくセントレアに着いた。
やれやれ・・・・・

プロフィール

ぱわふるマミー

Author:ぱわふるマミー
みんなに笑顔と元気を振りまき、不幸も幸福に変えてしまうパワーが自慢です。

仕事の古布を使った手芸や、これまで起こった(珍)事件など、忘れっぽい自分のための備忘録として色々と綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ホームページ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。