スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大須に行った

 大須観音骨董市

 

 大須観音骨董市

 

久しぶりに大須観音骨董市に出掛けてた。

28日が日曜日と重なって、骨董市はにぎわっていた。

今日は、古本を探しに来たが和式のトイレ座りの格好で見ているのが腰にずっしりきてつらい。

 何軒かをのぞいて見て、ようやく気に入る物が見つかったが、柄にもなく値切るのが大の苦手である。 

近くにいた中年の紳士に、テクニックを伝授してもらった。

淑女の如く品良く(人を見て七変化)・・・安くしてもらう事ができた。

私が、おじさんキラーと呼ばれる所以である。

 

大須観音

大須観音

 

手芸に使えそうな何か面白い材料はないかと探したが、目新しいものは見つからなかった。

ブラジル人の僧侶に会えるかと思ってきたが、日曜日はお休養日だったのかいなかった。

大須の舞妓黄色  大須の舞妓     

大須の商店街を歩いていると舞妓さんに会った。

何かの撮影のようだったが、本物の舞妓さんではなさそうだ。

 

 

 

 

       

舞妓夜 舞妓タペストリー

      舞妓さんのタペストリー

 

大須の舞妓後ろ姿

 大須商店街

上記左の作品と、これまでブログに載せたは作品の数点は作り方が

おしゃれな和小物」の本に載っています。

 

 和小物の本

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

心の中に生きている

 

花束  

心の中に生きている

 

人、それぞれに心の中でいつまでも、思い出と共に生き続けている人がいと思う。

 私にとっての思い出の人は、藍染家だ。

私も生活の為に、働きまくる生活になり藍染家が名古屋に来られてもお手伝いが出来なくなった。

すでに、観光地などでも藍染体験が盛んに行なわれるようになり、藍染に陰りがでてきていた。

名古屋に来て、2年くらいたった時にテレビの「知ってるつもり」の番組で相田みつおさんが取り上げられた。

今まで「トイレに飾る暦」も「人間だもの」・・・など名古屋の本屋さんには置いてない所が多かったが、どこの本屋さんにも平積みされるようになった。

それから暫くして、相田みつおさんの訃報が報道された。

藍染家は、この日に花火を上げた事を私に話してくれた。

花火 

あいつの人生は正直がゆえに貧乏ばかりで、有名になった6年間だけが豊かだっただけなんだよ。こんなに早く逝ってしまって可哀想でならなかったから、花火上げたんだ。」

正直な人と云う話は、以前にいくつかのエピソードを聞いた事があった。

12月11日(土)夜9時 「にんげんだもの」相田みつお物語が放送されます。

名古屋に来られて、藍染家に久々にお会いした時、しみじみと

「マミー長い付き合いになったね。」

と言われた。宇都宮のデパートで出会ってから22年たっていた。

その年の11月倒れたという話を聞いて、すぐに電話した。

「足利に出てきなよ」

元気になられると思ってこの言葉を軽く聞いていた。この3ヵ月後75歳で逝ってしまったが、あの時行けばよかったとこの時ばかりは後悔した。

葬儀には1000人の方が参列されたという話を、知り合いから聞いた。その1年後に、奥様も後を追うようになくなられてしまった。

藍染家が産経新聞栃木版に平成9年~10年まで78回にわたり掲載された「私の物語」をまとめた本?を故人をしのんで毎日少しづつ読んでいる。

本  

多くの人に愛されあったかい人柄の愛染家は、今も私の心の中で生き続けている。

藍染テーブルクロス 

藍染のテーブルクロス

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

 

縁は異なもの味なもの

縁は異なもの味なもの

 

ばんな寺 

ばんな寺(足利)

 

藍染家とのめぐり合いは、暇だったデパーとの催事場から始まったが、宇都宮のデパーで藍染の実演販売をする時は、私と友人は時々お手伝いをした。

ある時、「土曜大好き」と云うテレビ番組が藍染家の工房で相田みつおさんと一緒に取材されたそうだが、見る事が出来なかった。

後日の新聞の投書欄に、「相田みつおさんも素晴らしかったが、藍染家の方もよかった」と書いてあったので、見なかった事が悔やまれてならなかった。

それから、相田みつおさんの「人間だもの」が発売されすぐに買ったが、周りのほとんどの人は、この本を知らなかった。

藍染家は日本中のデパートだけにとどまらず、ロスアンゼルス、パリと展示会をされるようになった。 

 

  芙蓉白

いつの間にかテレビ、新聞によく取り上げられるようになったが、相変わらずのひょうひょうとした雰囲気は人を引き付ける魅力になっていた。

9年過ごした宇都宮から私は名古屋に引っ越してすぐに、藍染家に楽しいプレゼントをした。

「いい女20人ばかりまとめて紹介するね。」

そう言って、友達に頼んでしてサークルのメンバーと飲み会を開催して貰った。

後日、名古屋から電話をした。

藍染家 「あんなステキな女性をどうやって見つけたんだい?」

    「あの人達にめぐり合うのに、200人の女性に出会ったと思います。」

藍染家 「いや、2000人だと思うよ。」

以前、知り合いの社長にも同じような事を言われた。

「自分の言っている事を、本当に理解してくれるのは1パーセントの人間しかいない

宇都宮に来た時は嫌でたまらなかったが、何年もかけけて自分を理解してくれる友達を見つける事が出来た。

しかし、名古屋に引っ越してまた最初から友達探しを始めなければならなかったが、生活に追われて、そんな時間はなかったが生きがいを求めていた。

藍染家が名古屋のデパートに出店される時は、パートの合間にお手伝いをしたが、とても楽しくて、今となっては思い出となっている。

 

ハンカチ 

友達が書いたジャワ更紗を藍染したハンカチ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

運命的な出会い

 

運命的な出会い

私はいくつかの、運命的な出会いがあった。

その中の一つが、足利の愛染家に出会った事だった。

 

足利学校 

 足利学校

藍染と云う物が、まだ世の中で知られていない25年くらい前の、私が33歳の時の事だった。

宝塚から宇都宮に転勤になり、知り合いもいなくてあちこちのデパートに遊びに行っていた時、藍染を売っている人から足利に遊びに来なさいと、名刺を頂いた。

その時に知り合いになった50歳くらいの女性が、宇都宮には素晴らしい芸術があるといって画廊につれてってくれた。

益子焼、織物、のプロの作品を初めて身近に見て、プロの技の素晴らしさに素人の作った物しか知らない自分の無知を思い知った。

 

数日後、この女性を誘って足利に愛染家の工房を尋ねた

藍染家は、気さくに工房で藍染が出来るまでを実践して見せてくれたが、まるで魔法のように藍色に変わっていく様子に驚いた。

この愛染家が、藍染が大好きでまるで子供を育てるように、藍瓶を育てている事を知った。

藍染の商品を買い求め、宇都宮に戻って来た。

 

ペンケース

藍染のペンケース 

この感動を他の人にも味わってもらいたくて、知り合いになったばかりの人と1ヵ月後にまた工房を尋ねた。  

愛染家はとても喜んでくれて、足利市内の観光案内までしてくれた。

そして1軒の菓子屋に立ち寄って、「古印最中」をおいしいからと勧められた。

その包装紙は愛染家の友達の当時無名だった「相田みつお」さんがデザインしたものだった。

 

 古印最中

以前はしおりが入ってなった?

相田さんと藍染家は親友で、相田さんの書いた「書」をテーブルクロスを藍染で染めていた。 

まだ完璧な染めとはいえない物だったが、藍染家の楽しいトークと暖かい人柄とで売られていた。 

 足利からの帰り道、真っ赤に染まった夕日を見て私は、自分の運命が変わっていくような気がした。

 

******手作り作品コナー******

 

8角バック 

 藍染&絣の八角巾着

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

 

バチが当たる

バチが当たる

昔はよく耳にした言葉だが、近年あまり聴かなくなった。

仕事をしていて、いい人にも出会ったが、だまし討ちをするずるい人間にも遭った。

 ピンクの花 

ある銀行は、担当者をはじめ上司もただでは済まない様な、前代未聞の事私にした。

しかし、家族を養っていかなくてはならない大黒柱が、クビになっては気の毒だったので、穏便に事を済ませた。

それから何年もしない内に、吸収合併して跡形もなくなった。

次に、近所の会社に頼んだ試作品に納得いかないのに、勝手にオリジナルの布を染めて来てだまし討ちの様強引なやり方で、50万円ほどの商品を押し付けられた。

この会社は3年後、社員に架空の伝票操作で、5千万円の損害をしたという話を知り合いから聴いた。

善意を踏みにじられた事もあって、人をすぐに信用してはいけないという戒めに、返品された作品を、いつも目の届く所に置いてある。

その会社はバックの持ち手のメーカーで、私がイベントに出ていた時に、バックを見てバックの持ち手のパンフレットを作るので、貸して欲しいと頼まれた。

そでは、まだあるので持ち手をそちらの物を付けて、パンフレットに使ってくださいと持ち手をつけないまま送った。

バッグが着いたと云う連絡がないので、心配になってこちらから電話をしたが話がぜんぜん通じなかったが、バック2点がある事だけは確認できた。

何の音沙汰がなく随分たって、連絡が入り本に載せるから名前を教えて欲しいと云う。本に載せるなどと一度もきいていないし、よその本に載っている作品だった。

しかも、名刺も差し上げたのになんて失礼な!

著作権に違反する事を何度言っても、ぜんぜん取り合ってくれなかったので、直接出版社に電話した。

この出版社も、真似が多いのでクレームを、他社が申し入れをしてもおかまいなしで出版していると他の出版社から聞いた。

どうにか、印刷寸前で留める事が出来安心をしたが、この後さらなる事が起こり、私の怒りが爆発した。

名古屋でイベントがあり、私もそのメーカーも出店した時に社長が貸したバック2点とお礼を持って来た。

忙しかったので、そのまま家に帰ってバックを確認するとミシンがほどいてあって、裏地はハサミで切ってあった。

縫い方を見るためにミシンを解いたのか?バックの手にあわせる為に裏布を切ったのか?わからないが何の了解もなく勝手にした事が許せなかった。

商品券が2万円分入っていたが、貰えば許す事になるので魂は売れないと思ってつっ返した。

知人は、貰っとけばそんなに腹が立たないのにと云うが、2回も誠意の無い事をされそんな気にはなれなかった。

誠意と云うなら、嘘をついて

「気に入ったから2万円で売ってください。」

と言って欲しかった。あのバックの姿は見たくなかった。

つなぎバッグ 

解いて帰ってきたバック

 

 破れバッグ 

 右側がハサミで切られた裏布

 このメーカーは、3年前社長がなくなり会社は倒産した。

 こういった会社は私だけに限らず、多くの人に誠意の無いやり方をして、で最後は100倍以上のバチが当たった出来事だと思った。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

ブログを始めたきっかけ

ブログを始めたきっかけ

今年、4月にいとこがガンで入院した。

母の実家で食堂をしていて、私と姉3人が働いて世話になっていた。

いとこのだんなさんは誰にも、入院先を教えなかった。

私もお見舞を断られ、70歳という事もあり早く何かお礼をしなくてはと、考えついたのが手紙を書く事だった。

 

花束2       

 笑うと身体に良いと聴いたので、腹を抱えて笑えるような話を週に1度書いた。

 すぐに力のない字で、お礼のハガキがいとこから届いた。

そのハガキを見て、手紙を読んでくれるだけで嬉しいから返事は書かなくてもいい事を伝えた。 

書いている内に、自分の人生を振り返る事が出来、だんだん楽しくなっていった。

私はなんだ、かんだと文句を言ってるが、こうして書いてみると結構な人生じゃないか。と云うことに気が付いた。

いとこはお店の厨房の中で、何十年も働き休みの日には疲れてどこへも行けず、ただ身体を休める生活をしていた。

 

撫子  

 

「自分の両親のように、働くだけの人生で終わりたくない。」

と言っていたが、いとこも同じになってしまっていた。

5月19日にいとこが逝った事を、6月末に姉からの知らせでわかった。

 私は生きていると思って、6月末まで手紙を書き続けていた。

私は書いた手紙を、将来娘へのメッセージになると思って、コピーをしていた。

そのコピーを友達に見せたところ、もっと多くの人に読んで貰ったほうがいいんじゃないと言われ、ブログを始めた。

私も身体に不安があり、動けなくなった時にブログが活躍すると考えたが、今からやっていないと、頭がついていけなくなる事は目に見えている。

手芸仲間が増えるかと思ったが、50代後半の手芸作家は忙しくてブログを書いてる暇はないと思った。

こうして書いている私も、ブログを書いている場合ではないのだが、はまってしまって抜け出せない!

友人いわく。

楽しかったらやればいいのよ

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

元気で長生き?有り得ない

 

元気で長生き?有り得ない

知り合いが、友達2人と一緒に作品を見に来た。

人が尋ねて来るのは、久しぶりになる。

 

秋草  

毎日、一人家で仕事をしていると誰とも話す事もなく、自分から何かしらしないと取り残されるような気になる。

好奇心の塊の私には、刺激がないと「生きている」と云う実感が湧かなくなる事が一番嫌で、困った性分である。

そのくせ近頃はトラブルがめんどくさく思うようになり、平和的友好を好み、出不精になりつつある。

そんな年頃に、同じ趣味の手作り大好きメンバーが集まると、話が尽きない。

しかし、手芸は私の仕事なので「売り、買い」があり、お互いにうまく関係が成り立つ人とだけ受け入れをしている。

今日のお客さんの中に、突然腕が痛くなり、足も悪くて歩くのがつらいと云う65歳くらいの人がいた。

将来歩けなくなって、家に閉じこもりになりたくないので、「ブログ」を習いたいと云う。

私が習った教室は「100回でも聞いてください。」がキャッチフレーズと話しても歩くのがつらいので、パソコン教室も選べないという。

 

マッサージ機 

我が家の健康維持の必需品 マッサージ機

私が探しまくって通院してい名医の居る病院も、車に乗れないから行けないという。ご主人も最近なくされたと云う話だった。

この話は、この人だけの事ではないと思う。

今は元気な人でも、いつ病気になるかわからないし、年を取っても元気で生活できている人は、長生き時代には一握りだけだと思う。

いつまでも元気で・・・なんて有り得ない。みんな長生きだもの!

私など、「心臓に毛どころか鋼鉄が生えている」と言われている。

子供達からも「しぶとく長生きしそう」と言われ私もぞーとしている。困った事だ!

 

28282828282828手作り作品コーナー28282828282828

 

絞りバック 

絞りの手提げ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

カラオケ7年ぶりに復活

菊華の宴  

289 カラオケ7年ぶりに復活 289

 

今年の夏は、身体の調子がすこぶる良い。

      何が良かったのだろう?

     ストレスがなくなった事。

   仕事を減らしたから。

         ハイテクマッサージ機を買った。

もう1つカラオケを7年ぶりに復活した事も、健康に貢献しているように思う。

止めたり休んだりしながら、15年間で5人の先生に習ったが仕事が忙しくなって7年前に教室も止め、歌も歌わなくなった。

今年の2月、なんとなく歌を歌いたくなり一人でカラオケハウスに行った。

1時間半、歌いまくったが声は出なくてへたくそ! 

嫌になっちゃう・・・

1週間後、またカラオケに行ったが、今度はカセットに吹き込んで帰って来た。

ショック!

このおばさん声、誰?

しかもでオンチ!

7年前のテープを聴いてみた。

声も張りがあって、声量もある。

私のお腹がメタボのように、声もしっかり年を取っていた。

こんなはずじゃなかった。ずーと続けていればよかったと後悔した。

上手になりたくて、月2回2時間一人で練習した。

家に帰ってからカセットテープを聴き、自分に合っている曲を探した。

もう、若い歌手の歌は声が出ない年に成った事を知った。

こんな事にまで、徹底的に分析して必死になる自分がおかしいが、これがまさしく私なのだから仕方がない。

複式呼吸で、思いっきり声を出した事が健康につながったのかどうかはわからないが、元気で毎日過ごせる事をありがたく思う。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

僧侶はブラジル生まれ

 虫かご

 

僧侶はブラジル生まれ

昨日、御園座の前でバッタリと知り合いに出会った。

遠くからでもすぐに、彼だとわかる。 

外国人のお坊さんだからだ

おまけに背が高くてハンサム君!

 

 お坊さんと初めて会ったのは、昨年春に大須観音で立っていた。

その日は、骨董市が境内で開かれ多くの人でにぎわっていた。

私は、アメリカ人と思って、

「英語が、話せなくて困っているの。」

 「大丈夫ですよ。アイラブユゥさえ言えたらOKよ。」

ユーモアのセンスのグー!

それから12月に、三田佳子さん主演の「舞踏会」を見に御園座に行った時、また遭った。

「ハロー」と声を掛けると嬉しそうに話をして来た。今日は何しにきたかと聴くのでお芝居を見に来た事を話した。

 

僧侶 

ちょうどその日に、テレビで三田佳子さんの息子さんの報道があった。

この日は、運がいい事に、小泉元首相も観劇にお越しで、おまけ付きで見る事が出来て得した気分だった。

次にお坊さんに遭ったのは、今年の6月の「有松絞りまつり」だった。

「ハロー」

と声をかけると、ビックリしていた。

「こんな所で、遭うなんて・・・」             

「私の家はこの近くなのよ。」        

 

服部邸

服部邸 

そういって、私の家の方を指差して教えた

お坊さんは人の多いイベントを選んで来ている、なかなかツボを知っている。

通行人 は「なんだ、坊さんまで国産じゃぁねえんかよ。どこで修行したんだ?国はどこだ?」

 お坊さん「福井の永平寺で修行をしました。国はブラジルです。」

えーアメリカ人じゃないの?ブラジル人なの!

私の思い込みも相当なものだ。

私は、記念にお坊さんの写真を撮った。

涼しくなったら、大須観音に行くと逢えるので写真を持って行こうと思っていた。

ここで、遭えるとは思っても見なかったので、また写真を持って大須観音に行く事を約束した。

 

赤いバラ手作り作品コーナー赤いバラ

 

 大島手提げ3 

古布布大島 手提げ

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

五木ひろし特別別公演に行った

 五木ひろし特別公演に行った

  

五木jひろし2 

 

「五木ひろし特別公演」の入場券を友達から貰ったたので、9月18日(木)夕方5時から御園座に行ってきた。

一部は「紺屋と高尾」というお芝居だった。

艶やかな、女性達のの着物は芝居を一層楽しませてくれた。

このお芝居はは、藤山さん不朽の名作との事だが、今まで2回見た五木さんの芝居の中では良かった。

しかし、寛美さんをテレビで見ていた私は、寛美さんならこんな風に演技するだろうな、なんて思って見てしまった。

二部は、歌謡ショーだったが、「和」に彩られた舞台に着物を着た五木さんとバックの踊りも着物姿で優美だった。

バックの踊りとして見るだけならいいが、どこかぎこちなくて日本舞踊としてはチョット・・・

新しい事に挑戦される努力家の人だが、前回見た時は12の楽器の演奏をされ感動した。

今回は「テネシーワルツ」「横浜たそがれ」を英語で歌ったが、中年の日本人ばかりの所ではいかがなものかと思った。

もちろん私は英語が出来ないが、「横浜たそがれ」は韓国語に聞こえたりした。

英語で歌うには、無理のある曲ではないだろうか?

歌手の人は、いつも同じではと思って違う歌い方をされる事がある。

今回も、「横浜たそがれ」をポップス調?に歌われたが、私はデビュー当時の歌い方聴きたい。なぜならその当時を思い出すからだ。

五木ひろしさんがデビューした時と、結婚した時が同じであの五木節に魅了されファンになった。

私のお腹が大きくなって、夜昼かまわず食べていた頃五木さんの夢を見た。

  「夕べ、五木ひろしの夢見ちゃった。」

夫  俺、夜中に誰かがお茶づけ食べてる夢見た。」

子供が生まれて、1歳半の時に名古屋市民会館に「五木ひろしショー」を見に行って生の歌声に感動した。

浮き沈みの激しい芸能界で、今や日本を代表する歌手になり 本当にすごいと思う。

一流と言われる人の大変さに比べたら、私の仕事や家庭の大変な事など、なんて事はない。、

大きな人には、大きな悩み。

小さな人には小さな悩み。

 

*****手作り作品コーナー*****

 携帯ストラップ1

携帯ストラップ

 おかめ1

 おかめの携帯ストラップ

 

 

ひょっとこ1

ひょっとこの携帯ストラップ

 

 

  

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

やる気満々

やる気満々!

今年は身体の調子が良くて、熱さにもめげず次のイベントの準備を着々としてる。

 

レーヨンちりめん

一越レーヨン縮緬 

3年前から、将来の事を考え一越レーヨン縮緬を扱うようになった。

レーヨン縮緬ハギレ

このレーヨン縮緬はリアルに再現してあるだけでなく、今までの物とは違いテカテカしてなくて針通りもよい。

確かに絹は、絶対的に良い物だが、だんだん良い状態の良い物が亡くなりは高くて、気軽に遊ぶ事が出来ない。

 

レーヨンだが洗わない吊るし雛には、丈夫で色も揃っていて最適である。

昨年は「、レーヨン」と聴くだけで買わない人もいた。手にとって見てわからなかったのに、????・・・

今年は、黙って買って行く。1年でこうも変わるとは・・・・

  レーヨン黄色

 新柄を購入した  が、一段と良くなっていて感激!

1メートルカットと5枚組のハギレセットを少し作って見た。

13種類もあって、どの組み合わせにするか迷ってしまう。

 

レーヨン赤 

だが、これがまた楽しいくて飽きない。

1つセットを作っては、「なかなかいいセット」と眺めてばかりで仕事がはかどらない。

今日は、50セット作ったので仕事はおしまい!

 

レーヨン青 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

ネームバリューの勘違い人間

ネームバリューの勘違い人間

日本人は、ブランドに弱い人種だと云われといる。

私はブランドが好きというより、安心を買っている事が多い。

  はぎとウサギ

私は、デパートに出店してもネームバリューなどないが、ひたすらお話をして、親切丁寧?に売っている。

と思っているのは私だけで、お隣近所になったお店の人が言うには、お客様にいいたい放題言っているらしい。

ところが、お客様からお土産を貰ったり、顔だけ見に来たといっては会いに来てくれたりするから不思議だ。

デパートに出店していた時、6人位で話をした時にM氏の話になった。

私はイベントでM氏と顔を合わせる度に、あれこれ仕事について教えてもらう事がありやっぱり男の人は見ている観点違うなと思っていた。

ある有名な先生が、M氏をぼろくそに言った。

私は有名なその先生とは初めて話しをたが、M氏は仕事をよくご存知である事を言うと、

「あんたごときだから、あんな程度の男の事をホウホウ言って聴いてるのよ。もっと偉い社長だったらもっとすごい事を言うわよ。」

大きな会社の社長の話は皆立派で、無名の人の話はくだらない事ばっかり言っていると私には聞こえた。

私達も、この人のように人を見ている時はないだろうか?

あたかも、私が社長と呼ばれる人をまったく知らないと決め付けて、バカにした話し方だった。

アスリートたちの様に、体力、精神力の限界に挑み世界中の人に感動を与えるわけでもない人が、大きな勘違いをして自分を過大評価している。

近頃こういう人が増えてきた。

日本中に俺様だらけだ!

「人には2種類あって、言ってる事は利口だがやってる事はお粗末な人。言ってる事はたいした事は言えないが、やってる事が堅実な人。人と付き合うときには惑わされないでしっかりと見極めなさい。」

友達が、お母さんから言われたと教えてくれた話だが、人を見る時に役立っている。

名もなく、貧しく、美しくマザーテレサさんが、人間として最高峰の人だと思う。

 

全国の方から頂いた、手作り作品です。

保険証表 縞

      保険証ケース表

 

 保険証新

       保険証ケース内側

  保険証表 ふくろう

保険証ケース表

 

 保険証裏 ふくろう

保険証ケース裏

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

家事と仕事

子育てと仕事

仕事も子育ても、片手間では出来ない。

私は手芸の仕事を始めたのが、遅かったが子育てはまあまあだったかなと思っている。

 

曼珠紗華

宝塚にいた私が30歳頃に、手作りをコツコツやっていたが、いつも子供の事が気になって、夜子供が寝てからする洋裁は疲れ、もっと本格的に仕事が出来たらいいのにと思っていた。

その頃盗塁王だった福本選手が、成人式の講演会の新聞記事を読んで考えが変わった。

「何かを始めようと思うとなかなか始められない。自分には何が捨てられるかを考えると始められる。」 

私には、捨てる物がない。

考えてみれば、洋裁学校を出たわけでもなく、頭も良くない私が子供をほっといてまでやる程の物でもない!

子供には輝かしい未来が待っている。

そして、子供は親を選べない。

私の時間は出来る限り、子供の為に捧げようと決心した。

NNKで「たけし君、ハイ」を欠かさず見ていたが一番印象的に覚えているのは、お母さんが街頭の下で熱心に勉強させるシーンだった。

勉強の重要性は私が一番知っているだけに感動した。

親とは勝手なもので、自分の事は棚に上げていい子に育って欲しいとも思う。

友人に、どうしたらいい子になるだろうかと、尋ねた所

「そんなの簡単よ!あなたがいい人になればいいのヨ

 と笑いながら言った。

私はいい子になって欲しくて、いい人になろうと思った。

 

手鏡

 

鬼の如く、スパルタママにしごかれ育った子供達はそこそこの生活をしているが、仕事に関してはいい仕事ぶりで将来が楽しみだ。

 

*****手作り作品コナー*****

大島バック 

古布大島の手提げ

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

陽は昇り、陽は沈む

日の出

 

 

陽は昇り、日は沈む

 

私は、身体が良くなると信じている。

人間には治癒力があり、信じて努力すればある程度までは、回復すると思っている。 

私が元気の時に入っていた、強豪のママさんさんソフトボールのチームメイトが杖をついて歩く私を見たら、ビックリするだろう。

しかし、5年前仕事が忙しくてあちらこちらのイベントに飛び回っていた頃の、最悪の身体を知っている人は、こんなに元気になった事を驚いている。

毎朝、40分も散歩が出きるようになり、半年ぶりに遭った人も身体が良くなった事にビックリしている。

日々の積み重ねで、急激によくなる事はなくても少しづつ良くなってきている。

私はマフィーの法則信者なのだ。

念ずればかなう!

身体が悪くなって、いろんな事が見えるようになった。

足、腰が悪いのは外見からわかり人に理解されるが、内蔵の悪い人は見ただけでは他人には悪い事がわからないから、かえって大変だと思う。

私は頭が痛かったり、胃の調子が悪い時など何もしたくなくなり、すぐ薬に頼ってしまうが、それが毎日となると薬ばかり頼っているわけにもいかないだろう。

身体の悪いのも大変だが、家庭内で何かと問題が出てきて心が病んでいる人も難儀だ。

こう考えれば、杖をついてどこへでも飛び歩くパワーを持っている私は、誰よりも心が健康で働く事も出来る。

人は楽しい時やつらい時 、ずーとこのままこの状態が続くのではないかと思ってしまうが、人生は

「陽は昇り、陽は沈む」

 

44444444444444444444手作り作品コーナー44444444444444444444

img072.jpg  

ピンタックの藍染&か絣の手提げ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

壊れた身体

壊れた身体 

 

私は毎日、好きな事を仕事に出来て幸福に思う。

手芸の仕事も、古い着物や帯をほどいたりするのも好きで、時間を忘れてしまう。

食事の支度や、掃除などの家事一切を誰かがしてくれたらいいのにと、いつも思う。

 

倉庫3

倉庫の中の着物と古布

今度生まれてくる時は、絶対「男」で生まれてきたい!

テレビでは、「おねえ」とかニューハーフとか言っているが、あの人達は女の格好をした「男」だと思う。

なぜなら、格好や言葉は女でもサバサバしていて「男のさが」とやらが見え隠れしているからだ。

どんなに私が男ぽいと言われても、悲しいかナ、悔しいかナ、みみっちくてやっぱり女だなと思う事があるが、それは女というものがそうしていると感じている。

私は、手芸の仕事を本格的に始めたのが遅かったので、人の何倍も努力してデパートやイベントに出れるようになった。

突進!突進!突進!

私の身体は無理を重ねて徐々に悪くなっていったが、好きな仕事で苦にならなかった為に、夢中で仕事をしてしまった。

突進型の性格もあったが、「疲れ」を指令する神経がばあさんストレスで、壊れていたようで疲れ知らずで何時まででも働けた。

たびたび腰が激痛に見舞われ1ヶ月動けなくなったり、痛み止めを飲みながらデパートで仕事をしたが、手術を今から9年前にした。

それからは、腰の痛みはなくなったが、誤診された左足がどんどん悪くなり、5年前に障害者手帳を貰った。

装具を作ってもらってからは、歩くのが随分と楽になった。

こんな身体が、悪くても仕事が止められない。

整体、整形外科、内科の先生もお世話になる度、仕事を減らすように言われたが、「あなたは仕事をやっていた方がいい。メンテナンスは任せなさい。」と皆さんに言われた。

姑も亡くなり家にゆっくりいられるようになった所に、この不景気で売り上げが下がり仕事を減らした。

倉庫に借りていた借家も6月に返し、我が家の倉庫だけになったが家中に布が置いてある。

今は、身体と相談しながら楽しんで仕事をしている。これもまた幸福に思う。

 

757575手作り作品コナー757575

花の手提げ 

古布・パッチワークのバック

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

栃木の人に感謝

栃木の人に感謝

 

戦場ガ原  

戦場ガ原

 

引越しの日まで、2週間しかなかった。

ひざまでのギブスをしている私は、外出する事が出来なくて、住民票などを次男が自転車で出張所に取に行ってくれた。

その帰り道に、以前お世話になった家の大家さんや小さい頃勉強を見てもらった先生のお宅に挨拶してき来たと言う。

また、アルバイトをしていた子供科学館にも立ち寄り、職員の人にも挨拶に寄って来た。

いつの間にか、次男も大人になっていた。

膝までの、ギブスを付けての引越し作業は難儀であったが、時間がなかったので家の中をはいづくばって、がはむしゃらにやった。

数年後、

「お母さんのあの姿は、すごかったヨ」

と次男も脱帽!

引越しの当日、料理の得意な友達が、衣装ケースに弁当10個を作って持ってきてくれた。

夜から作ったという弁当は、10種類のおかずが入った手間のかかったプロ級の物だった。それを昼に運送会社の人と皆で食べた。

暫くすると、「ステップUP」の若い会員の子が弁当を5個作って持って来てくれたので、夕食に車の中で食べる事にした。

1番の仲良しの友達は、私に散々世話になったのに子供が小さくて手伝えない事を気にしていた。

「料理上手なA子さんが、手伝ってくれたから大丈夫よ。彼女が困った時は、私の代わりに助けに飛んで行ってね。」

といって頼んだ。

次男のお友達や、娘のお友達、皆が見送りに来てくれた。

猫のミーちゃんと沢山の思い出を車に乗せ、9年間過ごした宇都宮を後にした。

 

535353535353535353535353手作りコーナー535353535353535353535353

 

携帯ケースボタン付き 

古布&転写プリントの携帯ケース

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

遠くの親戚より近くの他人

コスモスとうさぎ

 

遠くの親戚より近くの他人

 

娘の卒業式が近づいてきたが、頭が痛くて起き上がるのも辛かった。

先生に原因を尋ねたところ、手術の時に背骨に打った注射の穴から空気が入り痛むのだと言う。

 2週間くらいで、治ると言う事だったが、娘の卒業式にはとても行ける状態ではなかった。

卒業式が終わって、娘が2つの赤飯を持って病室に来た。

1つは、私の為に娘が本を見て作って来たのだった。

もう1つは、近所の同級生のお母さんが、私が入院しているからと心配して届けてくれたと言う。

料理などした事のない娘が、初めて作った料理だった。

お世辞にもおいしいとは言えないが、「愛と成長」を感じた最高の赤飯だった。

その日の夕方、料理上手の友人がまた赤飯を作ってきてくれたので、病室の人と皆で食べた。

夫が仙台から、入院1週間目にやって来たが

「来てやった。」

と言ったので私は、退院の日は友達に頼むから来なくてもいいと言った。

夫の母も、私の母も80歳近い高齢で一切あてにならなかったし、私の姉達も親を抱え自分達の生活で精一杯だった。

3歳上の姉が手伝いに行こうかと言ってくれたが、岐阜県から来るのでは大変だったので、2週間くらい何とかなるからと断った。

退院の日、私はある事に気が付いた。

3年くらい前に、左足がつまずくようになり、力が入らなくなっていたのでここへ診察に来た。

その時、診察に当たった若い医者が、こう言った。

足首の靭帯が切れてますが、プロのようは激しいスポーツえをしなければ、このままほっとけばいいですよ。これから結婚する若い人ではないから・・・」

靭帯が切れているという事が、どういうこ事なのか私は理解していなかった。

あれは、誤診だった事がこの時初めてわかった。

院長にこの事を聴いたが、その時の医者の名前を私は覚えていなかったのと3年も前の事なので、強く言う事が出来なかった。

友達に向えに来てもらい、重いギブスを付け2週間ぶりの我が家に戻った。

 

316316316316316316316316316316手作り作品コナー316316316316316316316316316316

 

携帯ケース 

古布&転写プリントの携帯ケース

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

足首の靭帯手術で入院

足首の靭帯手術で入院

 

平和観音 

平和観音(宇都宮)

 

月曜日、痛い右足をかばいながら左足で運転して車で10分くらいの整形外科に診察に行った。

足首の靭帯が切れているので、手術をする事になったがベットが空いてないので、3日間自宅待機となった。

家に戻ってから、入院の準備をしていると中学3年の娘が

「お母さん、ピクニックに行くように楽しそうだね」

と言うのです。楽しくはないけど今の痛さから開放されると思うと嬉しい。

「アーちゃんの卒業式には、車椅子に乗ってでも行くから心配しないでね。」

とこの時は、すぐに治るとお気楽に考えていた。

手術の日に夫が、仙台から帰って来て私の面倒を見るような人ではない事がわかっていたので、友達に病院に付き添ってもらい、保証人になってもらって入院した。

私の手術は、午後からだった。

その日は手術がいくつもあったらしくて、裸にされその上にシーツをかぶせられて廊下で順番待ちをしたが、まるで物扱イされているみたいで嫌な感じ。

いよいよ、私の番が来た。

背骨に注射を打つと、右足だけが麻痺したが全身麻酔ではないので、先生方の話し声が全部聞こえて来た。

2人の先生が、どうでもいい話しをペチャクチャしゃべりながら私の手術うをしているのだ。この病院は、大学病院から先生が週に何回か来られていた。

「チョット大丈夫なの?ちゃんとやってよね!」

と言いたかったが言えない。

手術が終わって、病室に運ばれて行った。

そこは6人部屋で、私は71歳のお年寄りの隣になった。

年寄りの鑑!チカちゃんとの出会の始まりだった。

チカちゃんは、首筋を痛めて入院をしていた。

その夜は、足首だけではなく頭も痛くて眠れなかった。

点滴を毎日何本も、打つのでトイレに行きたくなるのだが、付き添いがいないと大変だった。 

口も渇くのでお茶も飲みたい。今のようにペットボトルはまだ売ってなかった。

友達に電話して、見舞いは一度にまとまってに来ないで、交代で来るように頼んだ。

友達が来ると、トイレにつれてってもらったり、お茶を沸かしに行ってもらったりした。

1週間がたち、足の痛みは取れたものの、頭が痛くて食事も食べたくなかった。

あの手術室の事を思い出し、手術ミスをしたんではないかと疑ったり・・・・

このまま、頭痛持ちになるんではないかと不安が脳裏をよぎった。

2828282828282828282828手作りコナー2828282828282828282828

ショryダー小 

残り切れで作った古布ポシェット

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

ギターコンサート

 ギターコンサート

 

司会者が、先生のプロフィールを紹介した。

幼児期にピアノを学び13歳の時にギター手ほどきを丸N氏から受けた。

1967年デビューした後、ヨーロッパに留学して、スペインの巨匠S氏に師事。

帰国後日本人として始めてバッハ・リュート作品全集をCDに録音、海外でも高い評価を受けている。

現在後進の指導のかたわら、全国各地で活発な演奏活動を行なっている。

最初の曲は、誰もがよく知っている「禁じられた遊び」から始まった。

暗くし静まり返った部屋に、ギター の音色が響いた。

 

ギター

そして最後の曲は、先生が編曲された「さくら、さくら」で幕を閉じた。

私はまじかにに聴くギターの音色に、しばし夢心地だった。

私は、もう1つ大事なアトラクションを計画していた。

それは、3年間1度も休む事もなく夜道を自転車をこいで通った人の表彰式である。

私が作ったエプロンと、大きな花束を用意した。

彼女は、私の長男と同級生の息子さんと3歳上の娘さんの3人暮らしだったが、

素朴な人で、明るくて、コツコツとまじめに生きていた。

彼女の名前を呼び、みんなの前で私はこう言った。

「私の事を皆さんが働きながらこれだけの事をするのは大変でしょうと、言って下さいますが、私には夫が居て、好きな事をやっているだけなんですが、彼女は一人でお子さん2人を育て、毎月通って来られた事は立派な事です。」

S子さんは、お友達の前で思わぬ出来事に笑みを浮かべ、本当に嬉しそうだった。(この15年後、彼女の娘さんが38歳でなくなってしまいました。)

私は、宝塚で友人が「コツコツ働くあなたにいつかを楽しい事をしてあげたかった」と言ってラジオに紹介してくれた事を、この人にしてあげる事が出来ました。

楽しい夜はあっという間に終わってしまいました。

その後、ギターリストの先生から

「マナーが良くて、品格のある素晴らしい会でとても良かった」

と言お言葉と文化会館の先生のコンサートチケット30枚を頂きました。

 

343343343343343343343343343343手作り作品コーナー343343343343343343343343343343

 

フリル丸バック前

フリル丸バック後ろ 
銘仙フリル付き手提げ(前)銘仙フリル付き手提げ(後ろ)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

靭帯を切った日の出来事

足の靭帯を切た日の出来事

 

大谷景観公園   

大谷景観(宇都宮市)

 

引越しを1ヵ月後に控えた1992年2月29日、知り合いの引越しの手伝い行き、荷物も運び終わり喫茶店に入った。

そこで、壁にかけてある綺麗な絵を見ようと薄暗い板の間を歩いて絵に見とれて、段差があるのに気が付かなかった。そこで思いっきりコケた。

足首の骨が折れたのではないかと思うほど痛くて心配になったが、病院は土曜日で午後から休診だった。仕方なく右足首を氷で冷やした。

この日の夕方6時30分より結婚式場を借り、ギターリストによるコンサートを私が会長をしているサークル「ステップUP」主催でする事になっていた。

左足で車を30分運転して、結婚式場に夕方5時に着いた。

結婚式場の社長が招待していカラーコーディネイトの先生と一緒に、式場の中をアチコチと案内して下さるのだが、足はどんどんはれ上がり、歩くたびに飛び上がるほど痛くなって来た。

「ステップUP」3周年記念としてメンバー20人とそ友人30人が集まり、食事付きギターの調べを楽しむはずだった。

しかし私は一人、痛みと戦わなくてはならなかった。

ギターリストは、新しくサークルに入った結婚式場に勤めるM子さんの紹介で、先生のご自宅に2人でお願いに行って来た。

ステップUPの理念である

「人との出会いを通して自分を見つめなおし、より豊かな生活をするために学ぶ」

そして、感謝、感動をする事。

(20年前に発行していた新聞に、書いてある。)     

この事を、私は熱く語った。そしてもう1つあつかましい事も言ったのである。

「すみません。お金は5万円しかないのですが何曲弾いていただけますか?」

すると先生は、

 「あなたの趣旨はわかりましたので、5曲弾きましょう。」

と言って快く、引き受けてくださったのです。   

この先生のプロフィールによるとヨーロッパに留学し、est・・・・・と立派な人だった。

また「さくら、さくら」の編曲もされて新聞にも載っていた。

いよいよ、演奏会の始まりである。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

引越し大作戦

 引越し大作戦

 

遠雷3  

 

夫の姑と同居を始めたのは、17年前だった。

夫が、宇都宮から仙台に単身赴任する事になり、長男は名古屋の大学に入学したので2年前から一人暮らしをしていた。

私と高1の次男と中三の娘が宇都宮に残ったが、どう考えてもこの先生活がやっていけない。夫が30歳の時から姑に仕送りも続けていたのでなおさらだった。

そこで考えたのが、宇都宮にいる3人が名古屋に引っ越して、家を建てて5人で暮しする事だった。

しかし、次男は転校しなくてはならないし、娘は高校受験を控え愛知県の受験事情がまったくわからず困った。

こんな事でめげる母ではない!

ピンチに強いこの私、ひらめいたー

娘は、推薦入学という手もある。

早速、先生に相談して公立高校の推薦入学を受ける事にした。

次男は、どこの高校に編入したらいいのかさっぱりわからず、名古屋にいる大学生の長男に調べてもらう事にした。

長男が言うには、最初からランクの下の高校よりもダメモトで、今行っている高校よりもランクの上の高校へ頼みに行った方がいいと言うのだった。

娘が、推薦入学の試験を受けに来た日に次男の編入希望の高校に挨拶に行った。

学年の副担任が応対して下さったが、事情を話し書類を頂いて試験の日を聞き帰って来た。

次男は後日、東京から夜行バスに乗って高校の試験に行った。

 熱田高校 

次男の高校では、年に1度先生が全国の高校へ研修として訪問する事が出来、その年は次男が編入希望している高校を選んだと言う。

学年主任(娘の隣の男の子のお父さん)と担任で副主任が来たという事で、名古屋の高校も息子を落とすわけには行かなくなったのだろう。

次男も、娘も高校に合格して一安心となった。          

栃木県人の暖かい人柄に、ただただありがたいばかりである。

過去を振り返って淡々と書いているが、家族4人で奮闘した日々は長男を中心に家族一丸となって乗り越え深い絆となった。

栃木県の長男の卒業た高校も次男の通っていた高校も、「全国高等学校クイズ選手権」で優勝した事は、チョット自慢である。

 

青花 手作りコナー 青花

 

 ポーチ2とショルダー    

         帯地のショルダーバッグ  大島に羽裏のポーチ

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

お母さんは家庭の要

 お母さんは家庭の要

コスモス   

今私は、今までの人生の中で一番「幸」せを感じている。

身体は健康とはいえないが、精神的に平穏無事に日々過ごす事が出来るからだ。

5年前まで姑と一緒に住んでいた時は、ストレスがたまって仕事で気を紛らわす日々だったが、3年前に95歳で逝ってから人生がばら色に変わった。

毎日、自分達だけの生活をしている家族にはわからない事だ。

しかも、老人性痴呆の年寄りを知らないで、生活できるのも幸福な事だと思う。

私は、苦労はしないで済むのならそれに越した事はないと思っている。

ましては、姑の苦労はしなくて良い苦労だとも思う。

昨年、娘の結婚が決まった時、あちらのお母さんが、私に会いたいと言って来られたが、私も会いたかった。

「母親を見れば、その家庭がわかる

私と同じ考えだった。

私以上に姑さんに苦労してこられたのが、9代続く家柄と言う事でもわかる。

娘が、嫁ぐまでの半年間で色々教えた。

その1、仕事と思えばどんな事でも出来る。 

その2、自分の為にやっていると思え。

桔梗

 

 娘が嫁ぎ、やれやれという気持ちが先で嬉しくてたまらなかった。

今、幸せに暮らしている娘を見ると私もは幸福に感じる。

姑と同居15年間、飲んだ暮れ亭主とグーたらばあさん、生活苦、そして仕事と戦いやっとそれらから開放された。

飲んだ暮れ亭主も、3年前姑の49日を終えた60歳の誕生日に、腹部大道脈瘤の手術をしてから、酒も食事も量が減って助かっている。

私を、奴隷の如く扱ってきた夫も病気持ちになってから、私に捨てられないように気を使うようになった。

やっと、私の天下がやって来た!35年かかった!

姑は嫌いだったが、ヘルパーさんの力を借りて、いい加減では合ったが最後まで面倒を見た。

なぜなら、面倒を見なかったら自分を自分でこう責めるだろう。

「なんて小さい人間なんだろう。」「こんな事も出来ないのは、この嫌いな姑と同じ程度の人間だ。」

やっていた方が気持ちが楽になるから、施設にもよく行ったが、夫は2年間で4回夫の妹は1度も来なかった。

娘や、お嫁さんを連れて施設に行ったが、150人いるのに面会に来ている家族は少くなくて、同室4人の家族と顔を合わせた事はなかった。

私は忙しい中、仕事で1週間留守にする前に施設に様子を見に行き、帰ってきたらまた行くようにしていた。

姑が家にいた時の大変さを思えば、何でも出来た。

施設の人にもいつも感謝の言葉が自然に出てきた。自分のできない事をしていただくのだから・・・

今、息子達は、体力、知力の豊富にある「働き盛り」であり「生意気盛り」でもある。

しかしながら、子供達は私の頑張る姿を小さい頃から見ているから、私の年になった時に壮絶な生き方を理解してくれるだろう。

 

赤いバラ  手作りコナー 赤いバラ

 

ティシュケース    ティッシュケース2 

              ティッシュケース              ポケット付きティッシュケース 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

横田基地アーツ&クラフトフェアに出展

横田基地アーツクラフトフェアに出展Ⅱ

想像したほど人は来なかったが、テントの前を通る人を見ていると世界中から人が集まっている国という事がわかる。

小さい子供の中には仮装している子供もいたが、アメリカ人の子供の可愛い事といったら、人形を見ているようだった。

もちろん、アメリカの女性の顔の作りの美しい事にも驚いた。

 横田子供2  
   

美しいのは顔だけではなかった。

 私は、少しでもアメリカの人たちと友好を深めたいと思い、日本の使用済み切手を来店した人に差し上げようと用意して行った。

最初は切手に興味がないのかと思っていたが、そうではなかった。

近くにいた日本語学校の先生が言うには、物を買っていないから貰うわけにはいかないというのだ。

 

切手 

 「プレゼント」

と私が言うと、1つだけ取り後から来た人の分がなくなるといけないからいうのです。

ただの物に群がる昨今の中年のおばさん!

男子トイレに入る無神経なおばあさん!

大和なでしこはいずこに~

マナーのよさに加えて品のよさも感じ取る事が出来、まさにアメリカを代表して日本に来ているというプライドがあったように思う。

ちょうど担当の若い女性が来たのでこの話しをすると

「出展された皆さんが、同じ事を言われます。」

 と言う話だった。

昼になったので、娘が売店に行きハンバーガーとコーヒーを買ってきたが、

ハンバーガーは鶏肉がゴロンと1個入っているが口に合わなかった。

コーヒーは3Lの大きさで甘くて、甘くてデブになりそう。

すべてが、ビッグな国だ。こんな国と日本は戦争したんだから・・・・

売り上げは、ぜんぜんダメだったが横浜キルト展と東京ドームのキルト展の出店する事を何とか伝えた。

3時になったので、荷物を片付け車に運び込んだ。

テントを片付けるのを見て驚いた!

パラソルをたたむみたいに、いとも簡単にすぼめているでわないか。

帰りの道も広くて間違えてしまい、基地の中をグル~と1週してしまった。

横田基地の車のプレートナンバーは「Y」となっていたが、日本で買った車という事だった。

 

道路

   基地の中の広い道路 

帰りは足がつってしまった私に代わって娘が運転して帰ってきたが、サービスエリアで娘はお土産を買いまくっていた。

残念な事に英語が出来ない私は、いつものマシンガントークを炸裂する事が出来なかった事だった。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

横田基地アーツ&クラフトフェアに出展

     横田基地 アーツクラフトフェアに出展した.。

 

第二ゲート 

   横田基地 第2ゲート

 朝6時半にホテルを出たが、5分くらいで横田基地の第2ゲートに着いた。

事前に申仕込んだ、車のナンバーの確認後入り口の所で私だけ写真撮影があった。

横田基地の中に入り、決められたテントに荷物を台車で運び込んだ。

テントは、正方形をしていて日本物より高くて大きかった。

     

 

両隣の人にまずはご挨拶!

右隣は千葉から夜中に車で来たと言う男性2人で、木のおもちゃやを並べていた。

 左隣の人は、額に入った飾り物や、小物の飾りつけをしていた。

私は、和小物と転写プリントとリースを飾った

横田
クリスマスリース

  古布のクリスマスリース

 

お正月リース
   古布のお正月リース

9時の開催時間が近づいたその時、突然救急車が来て瞑想服を着た大男2人が、ベビーカーを大きくしたような担架?を引いてダッ、ダッ、ダッと走って来た。

出展者の具合が悪くなって救急車を呼んだらしいが、大丈夫という事でそのままいた。

9時になってポツポツと人が集まって来た。

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

横田基地へ娘と行く

横田基地へ娘と行く

 

朝6時に車で私が運転して、伊勢湾岸道路で土岐に向って走った。

万博の時に出来た道路で新しく綺麗で、車が少なかったので始めて通る道だったが運転しやすい。

土岐で中央道と合流して八王子に向ってひたすら走るが、園原インターまでは仕事で来ていたので慣れている。

 

 馬籠

仕事でよく来たきた馬籠

車を運転して、山の中を運転していたら、私もだんだんと元気になって来た。

岐阜県を通り過ぎて、長野県に入り運転していると、「猿に注意」の看板が出てきた。暫く走っていると「鹿に注意」という看板が目に入った。

曲がりくねった中央道は、運転しにくかった。

山梨県に入り、疲れたのでサービスエリアで休憩をした。

神奈川県に入り東京都八王子インターに着いたのは昼ごろだった。

愛知県~6県を通過して運転してきたのだから、自分でもすごいなと思った。

横田基地は国道16号線沿いにあったので、ホテルに行く前に明日の朝、入門手続きをする第2ゲートを探しておく事にした。

16号線うを走っても、走っても横田基地だった。これが東西南北に広がっているかと想像するだけでもどんなに大きいかわかる。

国道16号線 

       アメリカ通り

国道16号線沿いにお店が並んでいたが、「アメリカ通り」という。

第2ゲートはすぐに見つかり一安心して、食事に西友に入った。

そこには「ガリバーの国」に間違ってきたかと思うほどのデッカイ洋服いっぱい売っていて、ビックリした。

専門店も日本んの物というより、アジアの派手な物が多く陳列してあった。

食事えお済ませ、ホテルに着いたが1年前に立てたばかりで綺麗だったが・・・・

後でわかっ事とだが、なんとそのホテルは・・・・・

姉歯氏が設計した問題のホテルだったのです。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

雨の日の健康診断

雨の日の健康診断

 

名古屋国際会議場

名古屋国際会議場

 

今日は、名古屋国際会議場で年に1度の健康診断を受けに行って来た。

ここには8年前、全館使ってパッチワーク展が開催された時に出店したので来たが、迷路のようでわかりづらいかったとお客様も出店者からも評判が悪かった。

名古屋の中心地に、無駄な作りの多いこの建物は、税金の無駄遣いにしか思えない。

今日も、上がったり下がったり慣れないとわかりにくい所だと思った。

朝、家を出る時は雨は止んでいたが健康診断が始まる10時ごろから、また降り出し4台のバスを移動するのに、うっとおしかったが「雨女」の私だからしょうがない。

12時前に健康診断は終わったが、雨は止んでいた。

4年前の10月に他の会場で健康診断を受けたが、雨が降り出し会館からバスまで遠く、しかも受診者が多くて混雑した為に私は雨にぬれてしまった。

仕事が忙しくて、体力がなかったのかその夜から体調が悪くなって、2週間寝込んでしまった。

横田基地から11月3日のアーツ&クラフトフェアの出展依頼があり、申し込みをしていたので準備をしなくてはならない。

無理して起きて、もっと悪くなりの繰り返しに、内科の先生が

「3日くらいゆっくり身体を休めると治るんだけど・・」

とは言われても、横田基地という所がどんな所か1度行って見たいのだ!

寝込んでいるわけには行かない!

「準備しなくては!」と気持ちはあせるばかり。

それでも、1日少しづつ準備して何とか販売する物も出来上がった。

「アメリカのイケメンが横田基地にいっぱいいるんだって!見に行こうよ~」

と適当な事を言って娘をダマコラカシ、1晩ホテルに泊まり車で行く事にした。

健康診断を受けてから3週間がたっても、まだ体調は良好とはいえなかった。

浜口パパの気合10連発を入れ、朝6時に出発~

「気合だ!気合だ!気合だ!気合だ!気合だ!気合だ・・・・・」

 

22222222222222222222手作り作品コーナー22222222222222222222

 

ショルダ^クレジー

ショルダー四角

 ショルダーバッグ(着物地)

ショルダーバッグ(着物地)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

巨峰を買いに大府へ行った

巨峰を買いに大府へ行った

 

ぶどう園4   

大府のぶどう園

 

日曜日、長男家族4人と次男家族3人がやって来たので、お嫁さん2人と5歳と4歳の孫を連れ、巨峰の産地の大府に行く事になった。

大府に行く途中にテレビで話題の激安の「アップル」があるので、立ち寄った。

隣のスーパーで、孫2人はカキ氷を食べていたが、まるで長男と次男のちさい時のようだった。

長男が小6、次男小3、長女小2の時の話を私がした。

ある時、お父さんとお母さんが分かれたらどうするか3人に聴いた。

長男  「僕は長男だから、家を継がなくてはいけないから、あんなお父さんでもお母さんがいなくなったら、少しは変わるだろうから家に残る。」

次男 「僕は、父さん知り合いの(取引先の社長)お金持ちのおっちゃんちにもらわれて行く。」

長女 「お父さんなんて、料理も洋裁も何にも出来ないから、私はお母さんのそばにいる。」

今、そのとうりの人生を送っているから笑ってしまう。

一応長男は、跡取りの自覚はあるようだが、私は「お一人さまの老後」でいいと思っている。

次男は婿養子に行ったも同然。

娘は嫁に行ったが、車で40分くらいの近くに住んでいる。

孫達もチョト満足して、ママ達のお買い物タイム!

運良く子供のキャラクター物のトレナーと子供用の財布が、半額くらいであったので買った。

世界中の女は、買い物好きのように私は思う。

そして、大府に向かって走って行く途中レスリングのメダリストの母校「中京女子大」の前を通ったが、アトランタでメダルを取ってから校門前が綺麗になったように見えるのは気のせい?

ここから、ぶどう園まではすぐだった。

長男はの子供は、ぶどう狩りの経験があったのでぶどう畑よりもぶどうの試食の方に夢中!

次男の子供は始めて見るぶどう畑に大はしゃぎで、「ハイポーズ」と写真を撮った。

元教育ママは、体験型の学習教育を孫にもと思ってわざわざ連れてきたのだが・・・

巨峰を3キロ買って帰ってきたが、初めてお嫁さん2人と一緒に出掛けた買い物だった。

 

297297297297297297297297297297手作り作品コナー297297297297297297297297297297

 

手提げ7 

手提げ8

絹の着物地で作った手提げ

 

絹の着物地で作った手提げ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール

ぱわふるマミー

Author:ぱわふるマミー
みんなに笑顔と元気を振りまき、不幸も幸福に変えてしまうパワーが自慢です。

仕事の古布を使った手芸や、これまで起こった(珍)事件など、忘れっぽい自分のための備忘録として色々と綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ホームページ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。