スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉の自信作バック

昨年の29日からFc2ブログの「新しい記事を書く」が動かなくなっているので1月3日に29日の所に書き足す事にした。

姉が手芸に目覚めてから1年がたち、袋物教室に通って腕を磨き私のイメージにピッタリのバックをプレゼントしてくれた。

姉が今まで作った中では一番出来が良かったので、私にプレゼントしたかったと言う。

帯地縛 姉バック中 

新しい帯地の手提げ

合皮の中袋と口元はファスナー付き

絹の持つ光沢としっかりした仕立てで高級感が漂う、私もお気に入りのバックの1つになった。

 だけどこの激しい赤い色、私の燃え滾る人生と性格をそのまま現しているかの如く・・・・ど派手な色!

 

トンボ玉を付けてタッセルを作った。

以前トンボ玉を大量に買い込み、ネックレスなどに作っていたがそれをタッセルに付けた。

すでに100本作っていたが、ペンダントのキットに入れたので予定より少なくなり、50本作った。

最初の頃は、ツルツル動く材料に手間取ってなかなか早く出来なかったが、なれと工夫で早くできるようになった。

タッセル  

以前は、厚紙にタッセルを付けて袋に入れていたが、手間を省いて大きなリングに30本ずつ着けた。

小さなトンボ玉があったので小さなサイズも作ってみたが、手間は同じようにかかり、材料もさほど変わらないので、10本くらいにした。

午後3時頃から、体がだるくなり寝る事になってしまったが、寒いのと体中が痛くてぐっすりと眠れなかった。

食事もしないで布団に入って、夜中の2時に目が覚めたが、起きて仕事をする元気はなくまたウトウトして結局午前7時に起きた。

食事をしてからマッサージ機で30分身体をほぐし、仕事を始めた。

30日から新しいブログが書けなくなっている。

これがいつまで続くやら・・・このブログが今年最後になるかもしれない困ったものだ。

 タッセル束

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

ペンダントキットを作った

朝からペンダントキットを30セット作った。

名古屋のデパートに出店した時に、広島の先生に作ってもらったペンダントとキットがよく売れたので、許可を頂きキットを作った。

帯地と転写プリントのひょっとこのセット、絹のチリメンとおかめのセットなど何種類かを作った。

柄の良い所だけを取るので、ムダが沢山でてしまい効率が悪いが、これも仕方ない事とあきらめた。

ペンダント2

   ペンダント1

誰にでも 簡単に作れるものだけに、私が作ったほうがキットにセットするよりもが早いように思ったりしながらセットを組んだ。

ペンダントキットの内容は・・・・

            型紙・ペンダント用布2枚・紐80㎝・細紐

            トンボ玉付きタッセル・38㎜プラスティク丸2枚 

この不景気なご時世に割安感が一番!

と云う事で完成品もキットも840円なり!

悲しいかな・・・・・トホホホ・・・

 ペンダントキット2

  

ペンダントキット

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

お正月リース講習会

3年前になるが、12月の大忙しの時お正月リースの講習会をする事になった。

会場は我が家からは高速を使っても2時間かかる山に囲まれた小さな村で、そこには中学時代にソフトボール部でチームメイトだった先輩が済んでいた。

その先輩とは、8年前に国際会議場で開催された「パッチワーク展」に出店していた時、店に来られたので声を掛け35年ぶりに遭った。

それからお付き合いが始まり、

「いつか母校の中学で一緒に子供達に何か教えたい。」という話を二人でした。

先輩は地元のコミニュティーセンターに勤務していて、そこで教える事から始めようと云う事になった。

1回目は田植えが済んだ後の7月に、「夢巾着」となずけたビーズ付きの古布巾着の講習会を開いたが、37人集まった。

アイロン2台とミシンを使ったせいか、ヒューズが飛んでしまい、最後まで治らなくてクーラーなしで汗だくになってやった。

ケーキとコーヒー付きで3時間の講習会だったが、皆熱心で和気藹々で楽しいかった。帰り際に、ナスやきゅうりを貰って帰ってきた。 

ph_works-lease1-2.jpg

「おしゃれな和小物」に掲載 

 

2回目は、12月の「シクラメン祭り」が終わった後の農家が暇になった時に、お正月リースの講習会をする事になり45人の申し込みがあった。

一人では教えられないので、アシスタントに娘をつれて行く事にした。

先輩は、クッキーを焼いてくれるという。中学の頃とまったく変わる事のない、気配りと面倒見のよさは健在していた。

 こんな小さな村の人達の、あんなに楽しそうで、熱心な様子を大勢の人に知って欲しいと思った。そして参加した人にも喜んでもらえたらと考え、新聞社に取材に来てもらう事にした。

私の同級生に頼んで新聞社に電話してもらった。

この同級生は、今年のお正月特番の「ガイアの夜明け」にも2回目出演した企業家だ。

高校生の頃は知らなかったが、初めて彼に会った時素晴らしい人間性に感動してしまった。

もちろんこの時のテレビの中の彼の姿にもやさしさと律儀さ出ていて、スタジオのゲストも涙を流していたが私も胸が熱くなり、すぐに手紙を書いた。

世界を飛び回る忙しい中、各社に連絡を取ってくれて一社は事前に案内を載せてくれた。

もう一社は取材に来てくれて、私がインタビューに答えたが主役はあくまでも村の人達だ。載った新聞記事はコミニュティーセンターに張られたとか。

新聞リース

岐阜新聞に載った記事

 

後日、お世話になった企業家の同級生にクリスマスリースを送った。

そしてクリスマスイブの日、我が家にに大きな箱の宅配便が届いた。

中からバラの花束が・・・・同級生からの贈り物だった。

 バラの花束 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

和物のクリスマスリース

クリスマスリース完成品

   着物地のリース  

毎日サンデーの夫が居ると、ゴミの日で曜日はわかるが何日かと考えてる事があ

今夜はそういえばクリスマスイブだった。

ケーキも七面鳥も買わなかった。

キムチ鍋を二人でつっついた。

3年前にクリスマスリースを作ったのがあったので、出してきた。

 一つ目を作る時は、本に載るという事もあって葉っぱから作った。

両面接着テープを貼って中にワイヤーを入れカットした。

  

クリスマス葉っぱ

最初は星や靴下も頑張って作ったが、人にプレゼントばかりしてしまいそのうちに面倒になって2個目からは市販の物を使うようになった。

だんだんと、手抜きが始まり百金で買うようになった。

 

クリスマスパーツ    

葉と実を束ねたらたフラワー用のテープで巻く。

金色のリボンは屏風だたみにして中央をワイヤーで縛り、真ん中に輪にしたリボンをボンドで付ける。

 

クリスマスパーツ、リボン  

着物地を8cm×75cmにカットして両端に両面接着テープを貼り、ガラボウを芯にして強く巻きつける。

2本を縄に網ワイヤーで縛る。

重なった所は、両面接着テープを貼った赤い布で巻く

べルをワイヤーで吊るす。

グルガンで各パーツえを付けて出来上がり。

クリスマスリース1

 

 ph_works-lease2.jpg

 「おしゃれな和小物 」    に掲載されたリース

このリースは私が針を使わない手芸として、考えたものである。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

手芸をにはまった姉

 2年前から3女の姉が手芸を始めた。

農業の傍ら、パートの仕事をしていたので今までは時間的な余裕がなかった。

ヘルパーの仕事を始めるようになって、いろんな家庭を訪問するうちに人生観が変わっていったようだった。

私達は姉妹は女5人の女系だが、名古屋から疎開した為に両親は何もない所から田畑を増やしていき、働きずめだったが裕福ではなかった。

しつけなどと云うものはされた事もなく、私などは「じゃじゃ馬」その物だった。

しかし、姉達は田舎ゆえに働き者であればそれで済んでいく環境と時代だった。

教養、知性などといったものには何の価値も持たないでここまで来た姉だったが、あまりにも知識のない自分に気が付いたようだった。

もともと私達姉妹は親譲りの器用さがあったので、姉もながく内職のミシン仕事をしていたのもあって、ミシンは上手かった。

やはり素人なので、色あわせや大きさの縦と横のバランスなどチョットした所が下手だった。

それでも姉は、目に見えて上手になっていって近所の人に見せるのが楽しみになっていった。

 

姉バッグ 

帯地で作ったショルダーバック       (姉製作)

 次第に腕を上げ地元のクラフト展で売るようになり、知り合いからも尊敬のまなざしで見られるようになるにつれて、いろんな事がやっとわかってきたのである。

「あんたの言っている事が、よーくわかるようになったわ」と云うようになった。

私は以前からあんな立派な家に住んでいるのに、姉は生活バランスの悪い人と思っていた。 

  姉バック3

趣味を持つ事はこんなにも人間を成長させ、生きがいとなって生き生きとしてくるものかと思った。

ただ、姉妹だからと思って本当の事を言いすぎたのか、「あんたにケチつけられてもめげないから」と言われたときには、あーあーやっぱりナ~

プロがアドバイスしても、しょせん素人!ありがたいとは思わないのである。

そういえば、カラオケの先生が一生懸命教えていたら、怒ってやめちゃった人いたわ!

姉バック2 

 私は、作品が出来上がるとすぐに人を呼んで見るもらい、感想を聞き何度も手直ししてから確実に売れるようにしているが、趣味ならそこまでする必要はないのだ。

子供と一緒で、ほめてほしいのだった。

年も60歳を過ぎ隠居仕事でよかったのかもしれない。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

街はクリスマスムード?

高校の同級生7人と忘年会を栄でする事になり、久しぶりに夜の街にでかけた。

昨年は、15人集まったのになんだか不景気風を感じた。

地下鉄金山駅で、クリスマスツリーを見た。

地下鉄のマスコットキャラクターからつけたもので「ハッチー・ツリー」という。

メッセージを書くと願いがかなうとかで金の紙に書いて飾ってあった。

ハッチー・ツリー 

 

5時頃だった事もあり、クリスマスツリーを見向きもせずを足早に通りに過ぎていく人がほとんどだった。

暫く見ていると、若いカップルが何かしら書き始めた。

今が一番楽しい時かも?!

私のもあんな時があったのかナ~。

若い時、自分がおばさんになるなんて考えて見たこ事一度もなかった。

金山駅クリスマス 

 

地下鉄に乗り栄に行き栄地下街を歩いたが、大昔の様ににぎやかしいクリスマスソングも流れていなくて、なんだか活気のない地下街だった。

クリスタル広場を通りかかたら、クリスマスの飾り付けがしてあった。

ここは、待ち合わせの場所として利用する人も多い。

クリスタル広場2 

 

 クリスタル広場

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ"center"> 

背広からコタツ敷きにリホーム

ここ2,3年ゴミ問題や、環境の問題から、リホーム、リメイク、廃物利用などが盛んに言われるようになったが、25年前宇都宮市で「廃物利用コンクール」なるものがあった。

宇都宮に引越しをして間がない頃だったが、出品してみる事にした。

使わなくなった背広2枚と毛布でコタツがけを作った。

作り方はいたって簡単。

背広を解かずに、型紙どうりにカットして縫う。

毛布を正方形にカットして中に入れ、布団とじをして出来上がり。

じゅうたんのようにどっしりしているので、足でグチャグチャになる事もなく、使いかっては良かった。

こたつ敷き 

コタツ敷きのイメージイラスト

何かしらの賞に入って商品を頂いたように記憶しているが、覚えていない所を見るとたいした物を貰わなかったと思う。

この時、廃品回収で出た家具やテレビを修理して使える物が、抽選で当たる抽選会をしていたので一番大きなテレビを投票して家に帰ったら、当たったという電話があり、すぐに取りに行った。

このテレビは随分長く使っていたように記憶している。

時代は変わり、市の職員がこんな事をする時代ではなくなった。

パートで働いて中国製のコタツ敷きを買ったほうが、安くて綺麗な物がいくらでもある。

ゴミを出さないと思っていても、安くて便利で綺麗な物があるとついつい買ってしまう私である。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

ももちゃん猫の携帯ケース

友人から猫のももちゃんのバッグを一年前に頼まれたが、携帯ケースに変更したもののやっと作った。

なぜ遅くなったかと云うと、後ろの汚い所をカットしなくてはいけない。

パソコンをやらない彼女にはわからない事だが、これにすごい時間がかかるから、もう一度きちんと撮り直して送って欲しいと言ったのに、一向に写真は送ってこなかった。

携帯で写した写真では大きくした時、綺麗に布に転写できるかと云う不安もあったので、小さい携帯ケースにした。

たみ猫写真

猫のもも 

高校の同級生7人で栄で忘年会をする事になり、友人に会うので彼女の喜ぶ顔が見たかったので、一番忙しい時期だったが作った。

案の定カットに2時間かかかり、作るのは慣れていたので1時間くらいで出来上がった。

 友人は大喜びしてくれたが、人の物は頼まれても2度と作りたくないと思った。

携帯たみ猫

ももちゃん猫の携帯ケース

携帯たみ猫裏

ももちゃん猫の携帯ケース裏

 

 

 

 

猫ボタン 

 

 

招き猫のくるみボタン付き

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

サークル活動開始

カラーの講習会で衝撃的理論を受けて、帰りの車の中で私達3人は興奮気味になっていた。

「人よりも、首1つ差をつけたね。」

「絶対誰にも教えないで置こうね。」

などとせこい事を言っていたが、おしゃべりでお人よし3人が黙っているわけがなかった。

3日もしないうちに、それぞれが周りの人にしゃべりまくり、出た結論は

私達の知らない事が、まだまだいっぱいあるんじゃない?

教えたり教えられたり、勉強会をしょう!

と云うことになり、私が会長となり、

 「ステップUP」

と云う名前で月1回の例会を開くことにした。

入会規則はいたってシンプル

 向上心とボランティア精神がある人

会の目的

より豊かな生活をするために学ぶ

本年度ステップUPの目標

感謝・感動をしよう

 

最初の勉強会は何にしょうかと考えていた時、カラーコーディネーターの先生からお電話があり、会の発足のお話をしたところ私達の会の趣旨に賛同して下さり、なんと「無料で講習会をしましょう」と云って下さったのです。

講習会には50人の人が集まり、大盛況のうちに終わった。

カラーセミナー 

栃木新聞に載った記事

その後も、毎月季節に合った企画を立て、お花の先生が母の日に送フラワーアレージメントを教えたり、パッチワークの先生が巾着を教えたり、着付けの先生が浴衣の着付けを教えたりと色々やった。

講習会には20人くらい集まったが、先生をした人には1回の講習料は2時間5000円を払った。

将来に記録として残したかったので、私はワープロで新聞を作って会員に配った。

パートで働きながら、サークル活動をしていくのは大変だった。ましては新聞まで一人で書いているのだから・・・

この後も活動は広がって、企業を巻き込みながら大きく展開していった。

この時の経験と、自信が今の仕事につながっている事は云うまでもない。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

カラーコーディネートとは

今では「カラーコーディネート」という言葉はかなり浸透しているが、私は20年前に知った。

その頃、色についてさほど興味があったわけでもなく、必要ともしてなかったが、インテリアコーディネーターの勉強をしていた友人に誘われ1日講習会に、お付き合いする事にした。

生け花の先生をしている友人と三人で、足利にの会場に向った。

受講料は6時間3万円と、当時パートで働いていた私にとっては高かいものだった。

なぜ看板は目立つのでしょう?

この疑問を持ったアメリカの人が、考えた理論がカラーコーディネーターの分野を確立した人だという。

私は、看板は大きな字で書いてあっるから目立つと思っていたが・・・・

赤色・・・・・をイメージした時どんな赤を思い浮かべますか?

       小豆色の赤ですか?   日本の国旗の朱赤ですか?

ピンク色・・・チェリーピンクですか?  桜色のピンクですか?

黄色・・・・・・レモンの色ですか?    山吹の色ですか?

色は青色を含んだ色黄色を含んだ色の2種類に分類されている。

あなたはなぜその色が好きですか?

自分の身体の中にその色を持っているから!

肌の色・歯の色・目の色・すべて青色を含んだものと黄色を含んだものに分かれて身体は成り立っている。    

動物も、植物も同じように分かれている。

ちなみに私は、青色の方に入る。営業向きで、交渉ごとや企画の仕事に向いている。

黄色の人は、手仕事に向いていて人をサポートするのが得意である。

「あの人がプレゼントしてくれる物は、どれも気に入らない」

といった話を耳にするが、それは自分の色でプレゼントするからであって、相手の歯や肌の色を見て、青色か黄色かで選んであげるといいのだが、それは色を勉強しないと難しい。

ちなみにブランドと呼ばれている物は、きちんと分かれて作られている事が多い。

売れ残った商品をよく見ると、ごちゃ混ぜになっていたりしている。

看板が目立つのは、青色を含んだ色と黄色を含んだ色がごちゃごちゃに混ざっているから目立つのだという。

大まかな理論だけ書いたが、私はすごい衝撃を受け足利の「藍染め家」に出会って以来の感動だった。

その後、この感動は私の人生の2回目の大きなステップとなっていった。

そして友人のお花の先生は、後に栃木で開催された「高校総合体育大会」に来られた皇太子ご夫妻のホテルのお部屋のお花を8箇所に生ける事を市から依頼されたのである。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

全国亭主関白協会に拍手

テレビで

全国亭主関白協会

の世界大会なるものを取り上げていたので、早速ネットで調べてみた。

全国亭主関白協会の憲法ともいえる 愛の三原則

ありがとう・・・・・をためいらわずにいおう

ごめんなさい・・・を恐れずに云おう

愛している・・・・・を照れずにいおう

私でも言えない、こっぱずかしい言葉をあの夫が言うのは至難の技である!

全国亭主関白協会の会長さんは、テレビで見た限りでは実におおらかな感じの男性に見えた。もちろんネットの写真も・・・

ああいうよく出来た男性と暮らしたら、毎日がさぞかし楽しいだろうな~

そして、この協会の 非勝三原則

 勝たない

勝てない

  勝ちたくない

戦わない事が真の勇者であり、勝者なのだ!

 ところで、我が家の「サンデー毎日夫」の近頃は悟りを開いたのか、私にはむかってこなくなった。

年を取って、エネルギーがなくなったのか?

毎晩9時に寝るところを見ると、エネルギーの消耗を節約しているのだろう。

私のパワーに立ち向かってきてもムダ!

かかあ殿下は家庭円満!

夫よ!もっと早くに気が付きなさい!

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

招き猫のくるみボタンを作った

布をボタンの大きさ合わせてにカットする

 用意するもの

転写プリント

準備品

 

金具の表に両面接着テープを3ミリくらいを貼り付けて、布が動かないようにする。

受け具に布をのせ、上から打ち具で押し込む。

手順2

奥まで布がはまったら、布を目打ちなどで内側に折込み、綺麗に整える。

手順3

フタを中に入れ、その上から打ち具で強く押さえて、ふたが中にる感覚があるまで押し込む。

手順4

 

ボタン 

髪飾り

 
招き猫・おかめ・ひょっとこ・蝶・犬のボタン

ボタンで作った髪飾り

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

レースの染物とポーチ

桜色とチェリーピンクを2枚の着物地で染めた。

1箱で2柄を染めたが、微妙に色が違った。

それでも、箱の色とほとんど同じようには染まった。

ピンク染物 

  

少しだけ染める場合は、小さな鍋で染めると良い。

染料の開け口をセロテープでしっかりふさいでおけば、かなり持つができるだけ早く使うに越した事はない。

和物の作品を作っているのでレースを使う事が少なくて、5年前染めたままのレースだが、色がさめる事もなくいい状態のままだ。

染物レース

 

無地の着物生地と、小紋の着物地に染めたレースを上から縫い付けた。

ビーズが流行っていた頃だったのでレースにビーズを付けた。

手間のわりには、地味になりすぎて出来上がりがよくなかったので、家用に小物入れとして使っている。

 

紫ポーチ

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ

着物地を染めた

 無地のハギレセットを作るのに、グリーンと黄色を10年前から染めている。

グリーンがなかったので、染めた。

あれこれと染料も使ってみたが、RITで染めている。

量も多くて、箱の色とほぼ同じ色に染め上がるのもいい。

RIT染料 

RITの染料1箱でTシャツ4枚染まる。

絹の着物生地1枚を洗濯した後(水に漬けて、絞る)お湯に洗剤と塩を入れ、RITを入れてよくかき混ぜる。

ムラにならないように、時々かき混ぜる。

15分くらいしたら染め上がるが、乾くと色が薄くなるので濃い目に初めると良い。

染物1 

塩は食卓用のものを使う。

洗剤は、着物を洗う時に使う絹用のハイベックを使っている。

なかなか売っていないのでまとめて買っていたが、4,2キロが発売されたので今はこれを使っている。

洗剤

染め上がった生地は水を何度も換えて、色が出なくなるまでよく洗う。

軽く脱水をして陰干しにする。

荒い

 

昨年初めた着物生地だが、黄色とグリーンは着物としては少ないので細工物を作っている人に好評だった。

さくらの花びらにピンクを使うので、これから染料を買いに行って初める予定。

 染め上がり

無地の着物を解き、洗って、染めて

カットして、セットして、

袋入れ

ようやく商品の出来上がり!

無地セット 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へにほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール

ぱわふるマミー

Author:ぱわふるマミー
みんなに笑顔と元気を振りまき、不幸も幸福に変えてしまうパワーが自慢です。

仕事の古布を使った手芸や、これまで起こった(珍)事件など、忘れっぽい自分のための備忘録として色々と綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ホームページ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。