スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大腸検査

昨年から私のお腹の中で「暴れ小僧」が気まぐれにはしゃぎまくっている。

近所の胃腸科で、バリュームによる大腸検査を受ける事にした。

前日の準備は、食事のパックを貰い説明書をを確認しながら病人のような食事をした。

体力のある朝のうちに用事を済ませ、お腹がすかないようにエネルギーの消耗を防ぐ為に静かに1日過ごすつもりでいた。

おかゆ 鮭がゆ  

ところがこんな日に限って、息子と孫がやって来て最悪パターンとなっていった。

夕食は手巻き寿司が食べたいとか言うので、私は食べられないのにセッセと準備をした。

孫のボール遊びのお相手で散々疲れ,だんだんお腹がすいてきた。

お腹がすいてくると、人間怒りっぽくなってくる bikkuri01

じ~と我慢の、人間が出来てる私bikkuri01

スープ 

おやつと夕食

 

 

夜9時になったのでジュースの味の付いた飲み物を飲んだ。

寝る前に下剤2錠飲み、朝起きたらまた下剤と言ったあんばいにやる事がいっぱいあり、お年寄りはどうやっているのかと思ったりした。

マグコール

翌日、こっぱづかしい姿での検査。

空気をバンバンと入れるの胃のバリューム検査よりも苦しい!

トイレを我慢の私に心配性の先生は

「もう少しです。急いでやりますからね。」といい「すみません」を連発。

ゴロンゴロンと転がって、あっち向きこっち向き、何枚も写真を撮られ結構疲れた。

結果は米粒くらいのポリープが出来ているので、近くの大学病院で内視鏡による手術をする事になった。

また血液検査の結果、糖尿病の数値が上がっていた。

日替わりで病院のはしごをしていた姑を見て、病院に行ける体力のある元気な年寄りだと思っていた。(95歳まで生きていた)

私もとうとう年寄りの域に突入したらしく、あちこちの医者通いが始まった。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
スポンサーサイト

百金リメイクペットボトルケース

 
  昨日は高山で雪が降り、名古屋も風が強く寒い1日だった。

ペットボトルタイケースを百円ショップに買いに行ったが1軒目には思ったものがなく2個買い、2軒に行って同じ種類7個全部買って来た。 

このペットボトルケースの裏には保冷シートが裏に付いて、しかも紐ストッパーや持ち手までがある。

結構な和柄で100円とは・・・わざわざ作るまでもないような気もするが

ペットボトルカバー

「それをいちゃーおしめーよー」

 買って来たペットボトルケースの持ち手をはずし、そのままその上から貼り付ける事が一番簡単なので作ってみた。

蝶ボタン1 蝶ボタン  

チロリアンテープを上から押さえるだけで、全体が引き締まって見え、上から貼り付けた酔うには見えない。

両側の赤地 の所にプラステックを包んだ蝶のボタンを付け、先に取った持ち手を付け完成!

 これなら短時間で熟年生徒にも2時間で出来そうだが、困った事に後6個しかなく数が足りない!

100円ショップめぐりをして、よく似た物を探さなくてはならない。

     ペットボトル唐子       ペットボトル唐子裏

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

ペットボトルケース製作

花 

お茶入りペットボトルが必要不可欠な季節となってきたので、和物柄に似合うものを試作した。

サイズは決まっているの楽なのだが、和物となるとなかなか難しい。

着物を作る事にしたが、久しぶりに家中の綿の布地を引っ張り出しサンバラケ状態で1日中かかって作った。

たかがペットボトルケースにこんなに時間がかかってしまい、試作は楽しいが「う~」と思ってしまう。

全部楽しいと思えばいいのに悲し私の性格!

振袖にしてみたが、夏に赤は暑苦しい色だったので次は紫で作ってみる事にした。

飲み口が全部隠れている方が好きなので、赤の所を2重にして少し太目の紐を入れ持ちやすくした。

 着物ペットボトルケース 

底は、丸くしたが初心者の熟年生徒達に2時間の中で作れるかが問題?

本体と続きにしてギャザーを寄せて、○でフタをする作り方も考えたが、ペットボトルがうまく立つかどうか心配だったのでこれにした。

 

着物ペットボトル底 

保冷用のシートを中に入れて縫いたかったが、買いに行く時間がなくキルト芯を入れ作った。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

話題の激安鮮魚&野菜&生キャラメルソフトクリーム

 4月22日娘に刈谷のミササガ公園に、芝桜を見に連れて行ってもらった。

ミササガ公園

ミササガ公園の芝桜

カナダ、ミササガ市と姉妹提携20周年を記念して平成13年に、作られたものです。

ホワイト、ピンク、チェリーピンクが一面に咲き、バラも芽を膨らみ出番をまっているようでした。

家に帰る途中、テレビなどでも話題になり休日は大賑わいの「刈谷ハイウエーオアシス」に立ち寄って来ました。

 

刈谷ハイウエーオアシス

刈谷ハイウエーオアシス   

(左が生鮮食料品販売所・前方が温泉施設)

伊勢湾岸道路からも入れるようになっていて、休日ともなると旅の途中立ち寄り、激安の魚や新鮮な野菜を買っていく人の姿も多く見受けられます。

野菜や果物は地元で採れた新鮮なもので、新鮮で安い!

魚は産地直送なので激安なのですが、ケース売りなので小家族には買いにくいというのが難点!

花畑牧場の生キャラメルソフトクリーム

を売っていたので早速買って食べてみました。

  生キャラメルソフトクリームのぼり

 

ソフトクリーム  

普通食べる300円くらいの物より少し大きくて、値段は400円で少し高かったがキャラメルの味がちゃんとしていておいしかった。

夕張にも生メロンキャラメルの工場を作ったとかテレビでやっていたが、事業を大きく広げすぎて味が落ちないように願うばかりである。

新物好きの私には、新発見あり、娘と一緒に過ごせた事もありと、いい事ずくめの小さな幸福の日でした。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

新土瓶型小物入れ

4月17日に和物教室が終わって、次はコサージュが5月15日に決まっているが、6月がまだ考えてないので、新しいサンプルを作る事にした。

以前に作った土瓶型小物入れは、改良が必要だったのであの形をヒントにもう一度土瓶型の小物入れを作ってみた。

百円ショップで土瓶の持ち手を買い、それに合うように大きさを決めたが、もう少し大きくした方がいいと思った。

   新土瓶型小物入れ

唐子かぶと唐子扇

 

 

唐子の転写プリントを貼りまわりを波テープで仕上げた。

波テープを付けると丸のいがみやまつり方がヘタでも隠す事が出来る。

熟女の多い私の教室では、絶対的に必要なテクニック!

中袋に可愛い綿の布を付けた。

最初は壁に掛けるつもりで、後ろ側は見えないので絞りのふたの部分をつけなかった。

しかし、バッグに入れて持ち運ぶというのもありかな・・・

ボタンに紐を引っ掛けるかホックを付けた方がいい事がわかり、もう一度サンプルを作って見る事にした。

 

新土瓶型小物入れ内側  

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

一流の仕立て屋さんの洋服

 古布の洋服がブームになる8年前、仕立て屋さんを紹介してもらった。

65歳くらいの男性で、数社ののブランドのサンプルを仕立ててこられた。

その仕立て方を見てあまりに綺麗さに衝撃を受け、私の洋裁など子供のおままごとのようなものだと思った。

右の洋服は、白生地を京都で染めてもらい,私のデザインで型紙を書き仕立てて貰った。

仕立て上がりがシャキッとしていて、押さえのミシンステッチが一直線に数ミリの狂いもない。

それもそのはず、少しでも曲がっていたらメーカーから宅配便で即、縫い直しで返品!

下糸が途中で切れたら最初から解いて、縫い直しになるのでボビンの糸を確認してから縫うと云う。

綺麗に仕上げるには、縫い代を必要最低限にカットする事を知った。 

 

洋服パッチワーク  

まっすぐに縫えているかどうかを、目の高さに服を上げて両手で引っ張り確認していた。

パタンナーが型紙を持ってくるので、裁断と縫製をされていたが、本当に厳しい仕事のようだった。

私と同じ「直本のアイロン」だったが、、細かい作業が多いいので先のとがったタイプを使われていた。

裁断用の机の上にはパッチワークで使うカッターマットの120㎝×150㎝くらいの物が敷いてあった。

 作業効率アップの為に、機械も沢山あっった。

 洋服パッチ後ろ 

残念な事に高齢になられたので、縫製の仕事は3年前にやめられてしまった。

しかし、一流の腕の方に洋服を仕立ててもらい身近で仕立て方も見る事が出来たので勉強になった。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

ミニエプロン作りⅡ

 問屋に和柄のエプロン生地やパッチワークの生地を買いに行ったが、気に入った柄がなくてしかも同じ種類の色違いは少なく、在庫で商売しているような感じがした。

かろうじてさくらの柄が3色揃っていたので買ったが、後はバラバラで色で買って来た。

さくら布赤

さくら布紫 

さくら布黒

  布紫

赤布  

布ブルー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ミニエプロンを効率よく縫うには、同じ糸で出来るだけ糸を替えないで縫うようにした。

昨日は、赤地と紫地を縫ったので今日は黒地の物を縫ったが、ベースも黒なので糸を替えないで縫う事が出来たが、3個のボビンがすぐに糸がなくなった。

糸も沢山使うが、ありがたい事に縫製の仕事をしていた人からダンボール1箱貰った。足らない色は、家の近くには小さな糸工場があり分けてもらっている。 

2年前に買ったお気に入りの布が合ったが、いつまでも持っていても仕方がないので手放す事にした。

ミニエプロンにしてもやっぱりいい!

メタボ腹の中年女性にも、たっぷり後ろまで回るくらいに大きなエプロン!

この他にも、布があったので全部ミニエプロンに10枚縫った。

 ミニエプロンお気に入り 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

 

ミニエプロン作り

 エプロンは私の手作りの原点!

 

30年前宝塚に住んでいた頃、「福祉の店」に委託販売したのがエプロンだった。

船場に布を買いに行き、エプロンだけを毎日子供が寝てから夜中の1時近くまで縫っていた。

長男が「お母さんはいつ寝ているの?」と聞いたくらいに頑張って縫った。

体力のない今は、1日に10枚縫うのがやっとだがそれも足がつったり腰がきつかったりで、毎日続かないが実に楽しい。

どこにでもある至って簡単で、シンプルなデザインだがこれが一番使いやすかった。

黒生地は厚地なのでしっかりしているが、生地が重なる部分はかなりの厚みで、私は工業用ミシンで縫っているが家庭用ミシンで縫うのはは難しいと思う。

 みにエプロン1 

ミニエプロン作りにに入って3日目、サンプルを含めて23枚出来上がった。

以前から頼まれていたお店に、20枚届けに行った。

 

ミニエプロン

 

生地が硬いので、紐の部分は夫がアイロンをかける。

高圧アイロンを使っているので、しっかりかかり元に戻りにくいが、家庭アイロンは時間もかかり効率が悪い。

 エプロン紐 

綺麗に早く縫えて、安く売るには安い布を仕入れることの大事だが、道具もプロ用の物を使う事も重要だ。

もちろん、長年培ってきた技術は言うまでもない。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

究極のエコ工芸

何年か前になるが、犬山で町おこしの一環として、市民の「手作り祭」のような事をやっていると云うので出かけて行った。

プロ級の人も何人かはいたが、ほとんどが趣味で作っている程度の物ばかりだった。

かなり盛大にやっているような話を知人から聞いたが、人の話はあてに出来ない事を痛感しながら時間くらい見て周り、帰る途中面白い物を売っていた。

竹で作ったカニカマキリ?こおろぎ?のようだった

70歳くらいのお年寄りだったが、1つも売れないとぼやいていた。

よく見ると、竹をうまく使って作って実によく出来ている。

時間もかなりかかったように見える。

かに  

物のない時代に、身近な物を使っておじいさんが孫に作ってやる光景が目に浮んでくるようだ。

売り物としては難しい物だが、このリアルさに感動して2個かった。

その時、市の職員と見受けられる人がなにやら話かけて来た。

どこかで教えて欲しいいと言うようなことをお願いしていたようだった。

1つも売れないとぼやいていたおじいさんの顔がほころんでいた。

 

こおろぎ

 

 あのおじいさん今も作っているだろうか?

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

春満開!

今日はいつもの散歩する川沿いに散歩を兼ねて、花見に出かけた。

桜並木道 

扇川沿いのさくら

扇川沿いに2キロくらい桜並木が続いていて、「山崎川」のさくらとまではいかないがなかなかのさくら並木の散歩道である。

人が少ないのもいい!!

ここ3日晴天が続き、風が吹くたびに花びらが舞い落ちる。

花の命は短くて・・・・

川を見ると鯉(恋)の季節で、何十匹の鯉が暴れ、水しぶきがあちらこちらで上がっていた。

昨年の秋の頃に○○人が川の中に入って鯉を取っているのを、警察に注意されていたと言う話も聞いた事がある。

 鯉 

ちょうど同じ頃に、ダンボールにこんな事も書いてあった。

「これは鴨ではありません。鳥を取らないで下さい。」

それまで2羽いた白い鳥が1羽しかいなかった。

どうかこの鳥も、無事でありますように。

 かも 

 

公園の近くのさくらの木下では、お年寄りのグループが宴会をしていた。

その近くでは、小さな子供連れの親子も食事をしていた。

は並

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

さくら巾着を作った

大阪で仕入れた布地が届いたので、可愛い布のイメージに合ったさくらの花びらの巾着を作った。

本体は遠州紬が沢山あったので、薄地だった為に薄い芯を貼りキルト芯を入れた。

簡単なので早くできると思っていたが、一日かかってようやく出来た。

さくら巾着赤 

少し長い様にも見えるので、2センチ小さくして紫色で作ってみた。

やはり手間はかかり、そのわりには見栄えがしないように思えたので、ここでひとまず終わり。

今日、3本布が届いたのでエプロンの試作をする事にしたが、エプロン作りに慣れている事もあり早く出来上がった。

 さくら巾着紫 

明日からは、几帳面な夫に生地をカットしてもらい、足がつる位毎日エプロンを縫う予定。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

優れ物ゲット

心斎橋筋で感激する商品を買った。

消えるボールペン

中年のチョットお腹の出たおっさんが、一生懸命旗を立てて売っているが、おばちゃんたちは見向きもしないで通りすぎていく!

私は、どんな仕組みになって消えるのかが知りたかったので立ち寄った。

インクが消えるのは、摩擦によって消える仕組みになっているとかで、これを考えた人はすごい425425425425

ボールペンは家の中にゴロゴロしているが、おっちゃんが一生懸説明をしてくれたので1本買った。 

 ボールペン 

 

心斎橋筋で急にお腹が痛くなり、娘が普段持ち歩いているという下痢止めストッパーを貰ってのんだ。

水なしに飲めてしかもすぐに効き、広告どうりの優れ物だった。

 ストッパ 

薬局の前を通ったので、早速買った。

ついでに目薬も買ったが、あまりの安さに値段を聞き直したがたったの186円

目薬は1000円くらいは当たり前と思っていた。

販売元も武田薬品工業(株)になっている。

 目薬 

新らし物好きの私は、、もっと早く優れものを買いに行き快適生活を早くに始めるべきである事に気が付いた。

近頃は年のせいか、「まーいいか」が多くなり外出がおっくうになり、フットワークが悪くなって来たのを感じている。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

激安、心斎橋筋のお店

初めて近鉄特急に乗り、娘に付き合ってもらって大阪に仕入れに行った。

9時発のノンストップで2時間で難波に付いたが、御堂筋線に乗り本町で降りたが地下街の通路が迷路のような所で早く上に上がればよかったと後悔した。

 

布のお店は思ったものがなくて、食事をするために心斎橋筋を歩いていると驚きの激安ショップ発見!

ラム皮ジャケット4800円、服1枚100円、どれもこれも安くて1000円商品が高く見える。

とりあえず見るだけに終わり、次のおで見たのがストレッチ足袋600円ナリ!娘がお茶とお花を習っているお姑さんに買った。

買い物好きの母娘は、

食事どころではない

バッタやさんの立ち並ぶ激安店に感激しまくり、仕事の仕入れなど頭から消えた!

 

心斎橋

 

 

おばさんがたむろしている店は、必ず入って見るのが鉄則!!

お店

100円ショップもビックリ!

 

今まで3枚1000円で買っていた靴下が1枚100円であったのとかで、娘は義姉さんに買った。

若向きの可愛いイブラジャー、ショーツも390円である。

1時30分になり、ランチタイムが終わってしまいそうなので食事をした。

休憩して、冷静さが戻り布地屋さんを探す事にしたがなかなか見つからない。

もう一軒問屋さんに行きたかったので、心斎橋筋を抜けて地下鉄に乗ることにした

買い物病勃発

地下鉄までたどりつけない!

ようやく地下鉄の乗り、お目当ての問屋さんに付いたのは、4時30分だった。期待したほどの店ではなくてがっかりした。

本町まで歩いていると、5時を過ぎてシャッターが閉まっている店もあったが布やさんがたくさんあり、予定していたエプロン用の生地50mを買う事が出来た。

それからまた1軒よったので遅くなり、7時30分の電車に乗り家に着いたのは10時30分を回っていた。

帽子

3800円63500円

Tシャツ 

15000円631000円

 スパッツ

599円 

 これほんとの正札?

どちらにしてもこの値段では到底買えない商品だったので、満足!満足!

笑い。 楽しい最高の一日だった 笑い。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
プロフィール

ぱわふるマミー

Author:ぱわふるマミー
みんなに笑顔と元気を振りまき、不幸も幸福に変えてしまうパワーが自慢です。

仕事の古布を使った手芸や、これまで起こった(珍)事件など、忘れっぽい自分のための備忘録として色々と綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ホームページ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。