スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布ぞうりとわらじ

姉から布を貰ったお礼にと、布ぞうりが送られてきた。

布ぞうり

 

習いに行く事もしないで、本を見て改良を何度も繰り返し廃品利用に心がけて作ったと言うが、ここまで編めるようになるには6年かかった。

最初は売るつもりがなかったようだったが、楽しみも兼ねて何か1つずーと続ける物が布ぞうり作りだった。

もう少しグレードアップの為に、せめて鼻緒の所だけでも綺麗な布にしたらもっと良くなると思い古い布を送る箱の中に私が販売している布を沢山入れた。

見た目には簡単そうだが、1日かかって1足しか編めない。しかも布も浴衣が3枚で2足しか作れないと言う話だった。

私が最初に「わらぞうり」を編んでもらったのは10年前に遠縁のおばあさんだったが機械で植えたわらだったのですぐにペチャンコになった。

手間がかかってなかったので安く作ってもらったが利益にはつながらなかった。

4年前に友人の紹介で、山奥のわらじ作り大好きじいさんに作ってもらったがそれはそれは上手だった。

わらじ

 

「わらじ」を作る為に田植も手植えして、稲刈りも手で刈り取るという熱の入れようだった。

稲がしっかりしているので、布と一緒に編んでもかっちりとしていた。

しかもわらじのが左右同じ大きさになっているが、これも熟練の業。

わらじが布ぞうりになり、競いあうようにおしゃれな物が出回るようになってきて素朴であか抜けない物は売れなくなってしまった。

近頃は布ぞうりも海外で安く作るようになり、また日本の伝統的なエコシステムが崩れてしまうのも時間の問題かも知れない。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
スポンサーサイト

2ウェイエコバッグ

娘が頼んでいた男物エプロン4枚と、エコバックを縫ってやって来た。

エプロンは裁断した物を持ち帰って縫ったので、1日に4枚縫えたとの事。

エコバックは市販のショルダーテープを使用して、中央に赤地と本体生地の2つのポケットが付いている。

大きな柄なので、どこを使うかが難しかったようだ。

エコバック

買い物籠にピッタリのバック

エコバック2

中身が見えないようにカバー付き 

内側は、100円ショップの保冷袋を買ってその大きさに合わせて作ったというが、結構しっかりしている。

赤のパイピングがうまく付いていて、娘に完全に追い抜かれてしまった。

洋裁や縫い物を教えた事は一度もないが、何をやっても手早く器用にこなす。

  

エコバック中

内側は 保冷シートの袋を利用した

掃除と片付けが、うまく出来たらゆう事なし!

これは私にも言えることだが、我が家には綺麗好きで片付け上手な夫がいるから私はまーいいかといったところで勘弁してもらいた~い。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

リュック&ショルダーバック

2ウェイバッグ

ショルダーに、リュックに1つで2つの使い方が楽しめる

アトリエしまのさんの本に載った作品をアレンジして作ってみました。

何かと持ち物が多くなり、少し大き目のおしゃれなリュックが欲しかったので本で見た時すぐに気に入ってすぐ作るつもりが、4ヶ月もたってしまった。

姉達と出かけるので2日間かかって大急ぎで作り上げた。

 

ショルダー

 ショルダーバッグ

リュックサック

リュックサック 後ろ

 

紐の位置を変えるとショルダーバッグが ヘンシ~ン リュックサックに!

 表は絹のつむぎで作り、バッグの中がよくわかるように赤の綿生地を使用。

リュック裏

バックの中側

リュック表

リュックサック表

 アトリエしまのさんが松坂屋で開催の「キルト展」に出店をしているので、御挨拶に行きついでに部品を買って来た。

テープショルダー の黒を買うのをすっかり忘れて、この色を2本買って帰り「しまった!」

仕方がないのでショルダー紐は家にあった100円ショップで買ったバンド型ロープを2本を利用した。

金具も付いてそのまま利用でき、しかも3メートルもある。

 

ひも  

テープショルダー 

このバッグは改良したい所が何箇所かあるが、今はこのままで使ってみる事にした。

この本にはまだ作りたい作品がいくつもありとてもいい本だったが、雄鶏社が倒産してしまい友人に勧めたいが入手は困難と聞いた。

雄鶏社の方には私もお世話になり、毎年「東京国際キルトフェスティバル」でスタッフの方とお会いするのが楽しみだったが残念で仕方がない。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

花フェスタ記念公さつき展

 花フェスタ記念公園

バラ公園として日本一を誇り、7000品種のバラが咲いている。

花フェスタ記念公園 

 

岐阜県可児市にある花フェスタ記念公園に姉3人と5月25日に行って来た。

3年前に来た時よりまた広くなっていたが、維持管理が大変だろうなと思った。

花のタワー

 花のタワー(高さ45メートル)

花のタワーの下の所で「さつき展」が開催されていて、ちょうどコンクールの審査をされていた。

銘木の部のさつきは、35年~40年かけて大きくしたと云う事を聞き

「じゃあ、ちょうど私の年とおなじくらいですね。」

「??????・・・・・・・・・アッハッハ」

1本の木から何色もの花が咲いているさつき。お見事!

さつき3 

 さつき2

花が審査の対象とか。

 

 さつき1

姿、形 が審査されるとか。

 

この会場で珍しい石を発見!

君が代に出てくる歌詞

343きみがわよおわよおわ・・・・    343さざれ石のいわおとなりて・343

さざれ石があると云う事を初めて知った。

君が代の歌の意味を学校で習ったかもしれないが、すっかり忘れている。

国歌斉唱の機会もなくなり、オリンピック選手が金メダルを取った時に流れる「君が代」を聞くと、年のせいかと胸にジーンとくるようになった。

さざれ石

さざれ石についてのウンチク が書いてあった

バラも見ごろを過ぎていて散りかけているのもあったが、まだ今週いっぱいくらいは楽しめると思う。

平日にもかかわらず11時を過ぎた頃から大勢の人がで写真も撮りにくくなり、歩きつかれて写真を撮る体力もなくなった。

ばら2 

 

 ばら黄色

 パッチワークでバラのパターンがあるが、なるほどと思うバラも何本かあった。

 姉がバラのソフトクリームを買って食べたが、私はお腹の調子が心配だったので食べなかった。バラの匂いがしたという話だった。

ほおおばの花

 

 

お腹がすいたので花フェスタを出て食事に行ったお店で、ほう葉の木に咲いた花を初めて見た。

ほう葉の木は、雌と雄があり花はもちろん雌の木に咲く。

この花が咲く期間も短くて、私達は運が良かった。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

名古屋ボストン美術館

 昨日松坂屋のパッチワーク展に、キルト糸布さんから招待券を10枚頂いたので行って来。

会場には10時30分頃着いたが、新型インフルエンザの影響や不景気もあってかすいていた。

年配の方が多く、手芸業界も高齢化の波がきている事を感じた。

1時に友人とカラオケに行き、2時間歌って来た。

それからボストン美術館にゴーギャン展に行った所、ノリタケデザイン100年の歴史もやっていたので2箇所見る事が出来た。

ゴーギャン展  ノリタケデザイン

 

 

館内が、暗くて絵がはっきりと綺麗に見えなくて実際の色がどんなのかよっくわからなかった。

フランスで理解されず売れなかったというのも、わかるような気もする。

私は好きか嫌いかといえば、あまり好きな絵ではない。

芸術は本当に難しい!

 ゴーギャン2 

私はむしろ、ノリタケの展示の方がわかりやすくて長く時間を使った。

夫がノリタケグループの会社にいた事もあって、洋食器はノリタケ商品を使っている。

ガレの作品展は各デパートなどでよく見かけるが、こんなに一同にノリタケの古い物を見たのは初めてだった。

ノリタケの森に一度行こうと思いつつ、未だに云っていないが今年こそは絶対に行って見る!

今はどこの会社も素晴らしいパンフレットを気軽に頂けるが、昔は1枚づつ手書きの物を使っていたという絵が何枚も展示してあり素晴らしかった。

今見ても古めかしさを感じることなく、いいものは永遠なりと思った。

食べるのにも事欠いた時代に、こうした贅沢な物を使う事の出来た人がいるのは今も昔も変わらない。

ノリタケ皿

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

腕抜き&男物エプロン

歌舞伎柄の男物エプロンと抜きを娘が作ってきた。

父の日のプレゼント商品としてお店から頼まれていたのでエプロンを、娘に縫うよう頼んだ。

時間と体力とアイデアがある娘に、お小遣いを得るのにもってこいの仕事。

しかし、私の新婚生活と違って娘は生活に不自由していないせいか、あまり乗り気では無さそうだったが、取り合えずカットしたエプロンを持って帰って行った。

 

歌舞伎エプロン 

腕抜きは、エプロンを1枚縫うくらいに時間がかかったと言う。

裏の縫い代を三つ折を巻きかがり機で始末したが、布が重なる所が難しかったと云っていたが、何度も練習しただけあって綺麗に仕上がっている。

伏せ縫いをすれば丈夫で早く縫えるがのだが、布が硬くなるのでこれにしたと言う。

 ゴムも3本入っていて、一つ一つ手がかかっている。

腕抜き

腕抜き

 

 

腕抜き裏

  縫い代は三つ折を巻きかがり機で始末

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

羽織紐のブローチ

 

日曜日から羽織紐のブローチ作り、を始めた。

明日は、大腸内視鏡検査の日なので食事制限をしている為、出来るだけ静かな生活に心がけた。

 

 

新羽織紐1  

翌日(月曜日)8時30分に病院に行った。

9時から大腸内視鏡検査にの説明があり、ペットボトルに3本くらいの下剤を1時間半かけて飲んだ。

 3時間かけて、大腸の洗浄をするのだがその間8回ほどトイレに行った。

その間貧乏性で暇つぶし上手の私は、羽織紐の形作りをセッセと作った。 

 新羽織紐3 

家で作った時、羽織紐は色や織り方が全部違うので、一つ一つ結び方を変えると考えるのに時間がかかったからだ。

病院に来てまで手芸をやらなくてもいいのに、ボーとしているのがイヤを通り越してつらい。

どこで作っていても実に楽しい! 

おちょこちょいの私は考えるのに集中して、トイレに間に合わなくならないように十分注意した。

もしもに備え、介護用の商品や下着も何枚か用意して行ったが、病院のトイレに用意してあった。 

飲む薬も下剤と言うよりも、曲がりくねった川の両岸を水が侵食するが如くと云うような感じだった。

 

 新羽織紐2  

検査の結果異常なし!良かった良かった一安心!

病院を出る時玄関で、病院の職員数名が新型インフルエンザ対策で面会の制限の為に病院に入る一人ずつに声を掛けていた。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

バラのコサージュ講習会

バラのコサージュ講習会は2人が日時を間違え欠席となり、7名の参加で行なった。

私も熟女生徒達も簡単に作れると思っていたが、教え方が悪かったのか、理解力が乏しかったのか、6人がバラの形にうまく出来なくて悪戦苦闘!

結局、バラの形になる所まで私が縫う事に。

 コサージュ3個

 

コサージュ講習会2 

 糸通し器はまだ早い!?

熟女生徒 「何度も聞いてすみません」

私       「100回でも聞いてください」

熟女生徒  「そう言って頂けると嬉しいわ」

私      「私の通っているパソコン教室のキャッチフレーズなのよ。イケメ先生

          が親切に教えてくれるの。」

熟女生徒  「キャーいいなー」

私      「息子が姑に、おれのような大学生が何度も聞いたらみっともないけど

        な、ばあちゃんわからなかったら何回でも聞けよ。といっていたわ。 

        おいしい物をばあちゃんが息子に、これ食べなと言って差し出すと、

        俺は若いからうまいもんがまだいくらでも食えるから、老い先短い

        ばあちゃんが食えや。とも言っていた」

コサージュ講習会

私も年を取り、覚えが悪くなり、おまけに忘れっぽくなり、お年寄りの仲間入りする玄関前に立っている。

あ~あ~定年退職とはよく考えたシステムだわ!

政治家の先生方のあの元気さ、ただただ驚くばかりナリ。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

藤田保健衛生大学病院に行った

大腸検査の診察に藤田保健衛生大学病院に行ったが、足の検査入院をしてから12年ぶりだった。

車で中京競馬場の裏側の道を通り、家から15分くらいで着いた。

 ja_hospital_img_hp1.gif 

病院の裏から行ったら、すぐ近くに駐車場があったのでラッキーと近くまで入ったら、そこは職員専用の所だった。

後ろに2台の車が並んでいたが、車を降りて後ろに下がってもらうようにお願いした。

こんなに近くの駐車場に止められるのは、大先生様だったかも!

年に一人くらい、私のようなアホな患者もいるだろう。

9時近かったがすでに病院の前の駐車場は長い列が出来ていたので第二駐車場に車を止めた。

この駐車場からはかなり遠いが、一日に2000人の患者が来るというから仕方がない。

ベッド数も1500あるというから職員の数も相当なものだろう。

12年前に足の検査入院した時、受付はもっと込んでいたように思ったがうわさどうりすいていた。

ホテルのように大きくて綺麗な病院だが、迷路の用に入り組んでいる。

銀行、本や、レストラン、コンビニと何でもあって便利に出来ている。

2階の内科で紹介状を出して、診察をしてもらった。

次に18日の検査の説明を聞く為に移動した。

そして血液検査の為に遠くの検査室に移動したが、6人が検査出来るようになっていてすぐに終わった。

すべてが専門的になっていて、以前のよう長く待たされる事なくスムーズ進んでいったが、名前の確認がそのたび行なわれ、医療ミスにつながらないように配慮されていた。

あっちへ行ったり、こっちへ行ったりと大きな病院を歩くのはお年寄り一人では大変だと思った。

12年前に入院した時も、車椅子に乗せて検査室に運ぶ専門の人がいたが、今はどんなやり方かは知らない。

大腸の内視鏡検査も、もっと遅いかと思ったらすぐに予約が取れたので驚いた。

薬も院外処方で、病院の近くには3軒も薬局が出来ていて私は病院から一番遠くて駐車場の近くの薬局で薬を貰った。

そこには無料の飲み物のサービスがあったので、イチゴジュースを飲んだ。ワイン

454 チョット得した気分になった。

ずうずうしい私でもなれない所で緊張したのか、家に帰ったらなぜか眠くて2時間も昼寝をした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

母の日バック

 

カーネーション  娘がお姑さんに作ったバックをメールで送ってきた。
  もともと子供の頃から器用だったが、初めて作ったバックにしてはよく出来ている。

綺麗にラッピングもして心がこもった物となり、大家族の中で苦労されてこられたお姑さんの笑顔が目に浮かんだ。

 ラッピング

お姑さんはフリルの付いた物が好きなので、娘は大阪に行った時も姑さんにフリルの付いたスーツを買っていたが、バックも黒のレースを付けたという。

両サイトに紐を入れて絞ったが、今度作る時は使いづらいので改良の余地ありと娘の弁。

  

 亜弥子バック中 

亜弥子バック横

両サイドを紐で結んだ 
 

アヤコバック

 フリル付きバック
 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

生地の殿堂大塚屋に行った

 

ばら  

母の日にバラを持って娘が来た。

私のイメージは可憐なカーネーションではなく、トゲのあるバラの方が似合っているようだ。

 ちょうど布を買いに行きたかったので、2年ぶりに娘と車で大塚屋車道店に行ったが50分くらいで着いた

ほとんどの商品は問屋でをまとめて買うので、小売であまり買う事がなかったがコサージュに使うオーガンジーが欲しかったので行ってきた。

売り出しの時などは、大塚屋の方が私の仕入れ値より安かったりして、ノックパンチを食らってしまった事もある。

  オーガンジー

娘は黒のレース4本を3メートルづつ買ったが、ご丁寧にギャザーまで寄って格安だった。

これは巻きで問屋値段の方がやっぱり安いが、私は沢山レースを使わないので必要なだけ買うのが賢い。

娘は、バックの持ち手も買っていたが不景気が追い風になりこれも以前より安くなっている。

 

レース 

車好きの孫に布を買って来た。

ママのお手伝いもしているようなのでエプロンを作りたかったが、サイズがわからなかったので後日にした。

100円ショップで買ったペットボトルケースにかぶせる作り方で30分で作り上げ、先日撮った写真と手紙を添えて送った。

リュックサックも作ってあげたいな。

 たくまぺットボトルケース 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

激安店の心得!

激安店「杉本」の買い方にも慣れてきて、娘が来るとたびたび買いに行く用になり、今日も行ってきた。

この日も、2人分は食べれそうな大きいカレーが298円だったので買った。

どれもこれもく安いのでつい買い過ぎてしまうが、2日分だけ買うようにした。

 

魚売り場

安い魚がずらりと並ぶ

 ここではよく「かに」を買う。この日も安くて1ぱい600円だった。

前回は5匹まとめて買ったのでもう少し大きくて生きている物を700円で買った。

 

かに

メキシコ産の大きなマンゴーが350円と安かったので娘は買っていた。

ナスやきゅうりも安かったので買って、娘と半分ずつにした。

野菜に関しては、よく見て買うように心がけている。

 

マンゴウ 

 果物は、安いからといって中身がわからないケース買いはお勧めできない。

 いつも私が行く4時ごろになると社長が入り口のところでタバコをふかして、休んでいるので一声掛けて帰ってくるのも今では習慣となった。

激安の店杉本は 毎週月曜日は定休日

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

2009、私の針仕事展

 2009私の針仕事展開催のお知らせ

 

針仕事展  

 

針仕事展裏 

 

どこかで見たことのあるタイトルが並んでいるが、今度はどんな形で展示 されるかも楽しみ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

近くで,楽し,く安く遊ぶ

 
 こいのぼり  

 日本まん中まるかじり紀行

久屋大通園で開催されている中部地方の特産品販売伝統工芸などを紹介するイベントに5歳の孫と4人で4日に行って来た。

 

牛踊り  

「6月1日は牛乳の日」牛乳の歌に合わせて踊る子供達

会場には11時ごろ着いたが、大勢の人が歩いていた。

故郷の同級生が経営する「チコリ村」が出店していた。

ちこりはヨーロッパの食材だが界で初めて焼酎とお茶に「サラダコスモ」が開発した。

ちこり茶は「お番茶」や「丹波の黒豆茶」によく似た味がした。 

 チコリ  

チコリ村

 

何をしているかは知らないが、無料のコーナーは長蛇の列で大賑わいだった。

 牛乳

健康チェック?無料の牛乳配布?

 

  名水

中部地区の名水無料きき水体験? 

 

孫が夢中になったのが、ザニガニ釣り!

棒切れにイカの餌を付けて、小さなザニガニを釣るというのだがなかなか釣れない。

パパが帰ろうと手を引いても、釣れるまでは帰らないと言い出し私そっくりの頑固者!

元シティーボーイの夫と息子はお手上げ。

ここは元カントリーガールの私の出番!

うまく食いつかせるのだが、吊り上げる時に落っこちてしまう。

 

ざにがりつり

子供達は ザニガニ釣りに夢中

なかなつれないので孫が

いい餌を付けないからつれないんだ!

「ハイ、もっと高いイカにします」

と担当の農政局のお役人様も大笑い。

夜まで粘るつもりの様子に、「えらい所に落とし穴があった」と嘆く私!

ザニガニを釣っても持ち帰れない事を知ると、孫はサッとあきらめた。

トミカショップでミニカーを買い、日産ギャラリーとトヨタギャラリーで綺麗なお姉さんに大好きな車のパンフレットを貰ってご機嫌なオトコノコ。

年寄りのツボも、若いお姉さんのツボも心得ている将来が楽しみな5歳児のこどもの日でした。

 テレビ塔

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

男物エプロン

男物エプロンを娘が、夫に作ってきた。

大阪に行って仕入れてきた布を、1週間前にあれこれと10m程持ち帰っていった。

嫁に行く時は、縫い物はしないと云うので、私のコンピューターミシンを持って入ったが調子が悪いと言うので私と同じ工業用ミシンを買ってあげた。

最初の作品は「腕抜き」とこれと同じ「エプロン」を嫁ぎ先のお父さんに作ってあげたと言う。

大喜びされて畑や田んぼ仕事の時に、使っているそうな。

 

 男物エプロン

 

ポケットに赤地を使ってポイントになっているが、お父さんははチョット恥ずかしがっていたそうな。

最初に作ったので市販の紐を付けたといっていたが硬くて結びにくいように思った。 

ポケット

 発想と器用さは、私よりも数段上だ!

風神、雷神を切6角形に抜き貼り付けている所や、位置もバランスがよく取れている。 

    風神   雷神

 

 

男物エプロン1

 

 ちゃっかり娘は母の日が近いので今度はお母さんに作ってあげたいからと、バッグの裏布と持ち手を、はちきれんばかりに袋に詰め込んで持ち帰った。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
プロフィール

ぱわふるマミー

Author:ぱわふるマミー
みんなに笑顔と元気を振りまき、不幸も幸福に変えてしまうパワーが自慢です。

仕事の古布を使った手芸や、これまで起こった(珍)事件など、忘れっぽい自分のための備忘録として色々と綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ホームページ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。