スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクラメベルトのショルダーバック

シルバーデーと誰がなずけたか知らないが、私には相当早いと思っていた。

ところが近頃根つめて細かい作業をしていると耳鳴りがしたり、歯の詰め物が取れるとやっぱ~年かなぁ・・・と思わずにはいられない。

それでも毎日せっせと見本作りに精を出して作っているが、作品を1つを作り終えるのに年々時間がかかるようになり、年を取った事をイヤと云うほど感じる。

風神、雷神も再現布と刺し子を刺した、ショルダーバック。

マクラメベルトのショルダー2 

 ポケット付きの前側

マクラメベルトのショルダー

 後ろ側

 

ショルダーバックの紐はマクラメのベルトが安かったので利用した。

金のリングにマクラメ糸を巻き付けて、紐を結んだ。ここはちょっとアイデアが浮かぶまでに時間がかかった。

マクラメベルト

 マクラメベルトの持ち手

刺し子

 刺し子

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
スポンサーサイト

魁聖さん幕下全勝優勝決定戦へ

私が応援している友綱部屋の、幕下力士魁聖さんが7戦全勝をして、今日千秋楽で優勝決定戦をする。

昨年名古屋場所で近所のお寺で初めて言葉を交わしたとき、日本人の若者が忘れている、純真な目をしていたのが印象的だった。

今年の7月には沢山のお話が出来たが、魁聖さんが強くなるには皆で応援してあげる事だと思った。

早速、娘、娘の友人、ブラジル人のお坊さんに聖願寺に来てもらい大盛り上がりはしたものの、名古屋場所は負け越してしまった。

  魁聖

そして、おせっかいおばさんの突進病が再発したのだった。

来日してまだ3年。日本語はとても上手だが漢字は無理と思い、巨峰と一緒に手紙を入れふりがなを付けて送った。

電話をくれたのでこちらからかけて激励をし、皆でBSテレビを見て応援していると言って電話を切った。

 

9月場所が始まり3連勝した時、勝ち越しまであと1勝。

その日から私は朝、近所の諏訪神社、有松天満社にお参りに行く事にした。

子供が受験の時に御祈祷をしてもらったが、毎日合格しますようになんて拝みに行った事などなかった。

仕事に疲れ、ばあさんと戦い、生活に終われてそんな心の余裕などなかった。

 
 

天神石段

有松天満社

あれよ、あれよと云う間に7連勝!優勝決定戦だ!

ブラジル人のお坊さんに、念入りにお参りをするように頼んだ。すると

「ブラジル人を応援してくれてありがとう」

日本でどんなに苦労をされたかわかる一言であり、優しい心が詰まった言葉だった。

中日新聞のスポーツ欄に「魁聖」と云う字が載った時は嬉しかった。

いつの日にか、スポーツ蘭にいつも取上げられるくらいの強い力士になってほしい。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

名古屋港海づり公園

9月23日次男家族と5人で、名古屋港海づり公園に朝5時半に家を出て行った。

海釣り公園 

この高潮防波堤は1.3キロ続き日本で初めて、海づり公園として開放した。

6時30分頃着いたが、すでに小さな子供連れがつりをしていた。

70メートルくらい行った所に場所を確保して、期待に胸を膨らませながら釣り糸をたれたが、1時間たっても何も釣れなかった。

海釣り公園 

大小さまざまな船が航行する度に、波が立った。

2時間くらいして、じいじいがはぜを釣り上げ貫禄?を見せた。

孫・・・「お魚はどうしてしゃべる事が出来ないの?」

私・・・「海が騒がしくなるからお話できないの」

孫・・・「どうしてお魚が飛び跳ねているの?」

私・・・「楽しいからよ!」

小さな子供連れが多かったが、赤ちゃんをおんぶして釣りをしているママにはただただ脱帽!

じいじ、ばあば達の姿も多かったがもっぱら食料調達と孫子守、写真担当などいい様に使われているがこれを人は「しあわせ」と言う。

「シワ寄せ」ではけしてない!

この不思議な看板。

はぜぐらいでどうしたこんな所でどうやって裁くのかしら?

いえいえ、ここを侮る事なかれ!

大きな魚が釣れていました!

 

水道

 

魚拓チヌ 

休憩室に魚拓が貼ってあった。

11時頃に大きなチヌを持った帰る人の話によると、5時半に来てトイレのある真ん中くらいの所で釣ったいう。

こうした大きな魚は、家に帰って捌くと臭いのでここの水道の所に捨てていく人がいるとの事だった。

 結局我が家は、じいじが小さなはぜ3匹を釣っただけで昼に帰って来た。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

極上富山の寿司

世界遺産五箇山を夕方4時に出発して、富山市内にある極上の味が楽しめる   「きときと寿し」の本店に向った。

きときと寿司 

 

「きときと寿し」に夕方5時ごろに付いたが、すでに8組が並んで待っていたが駐車している車は習志野、多摩、長野、と遠方からの車もあった。

20分くらいで席に着く事が出来た。

シャリは、酢が少なめで新鮮な材料を一層に引き立たせていた。

どれも安かったが、マグロ3貫セット(あかみ、中トロ、大トロ)660円とチョーお得!

 

太刀魚

 太刀魚

 

白えび

白えび 

のどろく

 

6時に店を出る時は外の駐車場まで、順番待をする人でいっぱいになっていた。

桜が池クワハウスで休憩をしたが、そこは高速ホテルがあってプール、温泉、日帰り入浴なども出来た。

今回は大混雑の予測失敗を学習したので、今度は高速ホテルを利用した安くて効率のいい旅を計画できそうだ。

東海北陸自動車道は白川郷からの車で20キロの大渋滞となり、サービスエリアも2キロ先から並んでいた。

 

観光地のインターの近くになると渋滞が起こり、高山、郡上八幡、ひるがの高原、は行きも帰りもノロノロ。

山の中を走るので、トンネルは多いが紅葉の時期は綺麗だろうと思うが・・・この高速道路はもういいかな。

ようやくすいたサービスエリアで休憩したが、「白川郷せんべい」を買って行けなかった残念な思いを食った。

 

せんべい 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

世界遺産五箇山は遠かった

9月21日連休3日目だったので高速道路はすいているだろうと思って、世界遺産「白川郷」に出かけた。

8時に家を出て、東海北陸自動車道を2時間くらいは順調に走っていたがトイレ休憩にサービスエリアに入れないくらい混雑して来た。

途中片側一斜線になる所でノロノロ運転となり、テレビでこういった光景を見ては「ご苦労さん」と笑っていたが、まさか自分達がこんなになるとは思っても見なかった。

家を出てから6時間ようやく「白川郷」インターに付き喜ぶや否や、「ここから3時間」の掲示板。

いったいいつになったら付くのかわからない状態に「白川郷」をあきらめ「五箇山」に行く事にした。

 

 五箇山5

 民宿なかや

 

インターを降りてから山を超ると山々が折り重なり、谷に下りていくと冬は雪に閉ざされそう集落23軒がぽつんとあった

古い物は400年前に立てられたというかやぶきの家に、今も住んで生活をされていた。

花なす

         花ナス 

 

おみやげ物はどこの観光地も同じで、中国製の商品のオンパレード

花ナスと云う野菜が吊るしてあったが、はじめて見たが400円と書いてあった。

「山菜そば」はとてもおいしかったと言ってたが、私が食べた「ざるそば」は硬すぎてまずかった。

1時間半観光をして、富山においしいおすしを食べに行く事にした。

  

 

五箇山動画

 

image.jpg 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

買い物三昧の一日

水曜日は一日買い物に4件のお店を回ったが、どこのお店も暇そうだった。

1時頃に長者町に手芸の材料を仕入れに行ったが、昔私が働いていた頃の賑わいが嘘のように閑散としていてシャッター通りになりつつある。

居酒屋や、食べ物屋がだんだんと増えてきていた。

長者町 

車も人も歩いていない長者町

 

長者町の「シモジマ」さんの隣に以前から気になっていたが、小さな神社のような所があるが人がお参りしているところを見たことは一度もない。

「大聖歓喜天」と書いてあるがここはいったいなんだろう。?

一度お参りしたいと思っていたが、この日も次の約束があり、参らずじまいだった。

 神社 

 

手芸センター東海に行った所、「箸キャップ」なるものを見つけたので先日作り上げた箸カバーと一緒に使うものと云う事だったので買った。

しかしよく考えてみれば、最初からプラスティックの箸ケースを買ったらいいのでは?

パッチワークの裏ワザ集の本があったので、早く綺麗に出来る方法をもっと知りたくてとりあえず買って来た。

箸キャップ

 

本

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

バラのピンクッション

 芙蓉白  

今朝は10月初旬の気温となり、肌寒く長袖を居1枚羽織った。

朝、散歩の途中に咲いている芙蓉の花が綺麗でカメラに収めブログに載せてはや1年がたった。

あ~あ1年があっという間に過ぎ引き算人生に突入した!

 

来月の教室用にレーヨン縮緬を使ったピンクッションを作ってみた。

簡単にすぐに出来ると思っていたら、結構手間取った。

布の配置が難しくて、配色も考え縫い付けていった。

熟女生徒に出来るかどうか聞いてみて、「ねずみのフリーケース」も見てもらい決めて貰う事にした。

 

ばらの針山 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

栗きんとんが届いた。

姉から布ぞうりに使う布やキルト綿を送って貰ったお礼にと、恵那川上やの「栗きんとん」「くり壱」を送ってくれた。

「くり壱」はほうばの葉に包んであって中に栗が入っていると書いてあるが、一人では食べきれないので、娘の家にあげるつもり。

栗きんとん

 栗きんとん

栗壱

 くり壱

  

恵那川上やの「栗きんとん」老舗のすわの物より、少し甘いように思う。

「すわの栗きんとん」は日本の銘菓に数えられるほどで、松坂屋に11時までに行かないと売り切れてしまうと聞いた事もある。

甘さは控えめ、滑らかで上品な味わだったようにい私の記憶に残っている。

息子が大学生の頃、「すわの栗きんとん」を私の留守中に一人で4個も食べてしまっていて、こんな高い腹の足しにならない物よりケーキを買ってきてくれと言った。

この息子も、人の親となりおいしい物がわかる年頃となりこだわりを持って買い物をするようになった。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

藍染めバックを作った

 

 ファスナー付きの藍染めバックを作った。

持ち手は以前買った竹製を付け、ショルダーで持つ事も出来る。

「ゆきんこ」はポケットになっている。

 開け口はファスナーを付けたが、慣れない作業に手間取った。

藍染めバック丸裏

 

「弓ヶ浜絣」をカメの部分をカットして貼り付けた。

竹製の手を付けるのにも、竹が安定しなくて動く為に手間取った。

カメ

 

ファスナー

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

中原淳一展

中原淳一(1913-1983)が求め続けた永遠のテーマ「美しく生きる」。

雑誌、表紙絵、スタイル画、人形・・・‥50年にわたる独自の世界の作品500点が展示されていた。

土曜日の2時ごろ会場に付いたが、70歳前後のご婦人で満員だった。

 

中原淳一。5 

中原潤一。1

 

5年前くらいに、中原淳一布地が販売されその時初めて名前を知った。

好評だったかどうかは知らないが、インパクトがあり「昭和レトロ」が漂っていた。

私の時代よりも前の時代の人は、なつかしく見られたと思うが私はどこかで見た人のように思ったのでじーと見ていた・・・・

 

中原淳一。2

    この人形は「岸恵子」さんに似ている?      スタイルがは「浅丘るり子」さん似?

中原淳一。3

中原淳一。4

 

物のない時代に作られた人形の髪の毛は、今のビニールの荷造り紐や毛糸で作ってあり、そんなところに時代を感じた。

おしゃれをする余裕などない時代にも、夢のような仕事をしていたなんて・・・・・

仕事をする白い大きなテーブルにはいくつモノ引き出しと、棚が付いていて機能的になっていた。

私もあんなテーブル作って欲しい!

あ~あ、やっぱ一流は違うわ!

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

古布藍染めバック

古布クレージーのバラをアップリケしてショルダーバックを作った。

色の違った古布藍染めをベース地に使い、大きさの違うクレージーのバラをアップリケした。 

クレージーのバラバック表 

クレージーのバラをアップリケ(前

 

クレージーのバラバック裏

型染めのポケット付き(後ろ)

袋の両側にDカンを付ける。

袋口にファスナーを付け、ポケットを付けた中袋をまつり付けて完成。

 

クレージーのバラバック中

袋の内側

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

巨峰のぶどう園あれこれ

 大府は巨峰の産地で有名だが、緑区にもぶどう園があり2件に買いに行っている。

大府のぶどう園までは、家から30分かかるが鈴木農園のぶどうはそれは見事なぶどうだった。

ご主人いわく、

「うちのぶどうは高いけど、粒が大きくてぎっしり付いているでね。」

確かに4件のぶどう園で買っているが、これだけ立派なぶどうはなかなかお目にかかれない。通り道と云う立地条件もありひっきりなしにお客が買いに来ていた。

もう一件の大府のぶどう園は、色々な種類を作っていて試食も楽しめるが家で食べるには安くていい。

ぶどうが終わる頃買いに行った事もあり、少しふさががさがさしていたように思った。

ぶどう園3

大府のぶどう園

家から車で10分くらいの所にあるぶどう園は、お盆前に朝8時ごろに買いに行く。

最初行ったときはビックリするほどの無愛想だったが、近頃は世間話をするようになった。

家の近くにあるぶどう販売所は、盆明けから販売するが値段が手頃で以前は何ケースか買って知り合いに送っていたが、近頃は送らなくくなった。

 昨日、この販売所に買いに行ったところ親戚の人らしい2人が売っていて接客態度の悪さに1日中不愉快だった。

1ケース分の巨峰を予約して次の日取りに行くと、またまた言わないでいい事をズケズケ言って何様?と言いたくなる態度に来年は買わないゾーと思った。

いつもニコニコして対応してくれていた奥さんの、苦労を初めて知った。

近頃は朝取りの巨峰をスーパーで安く売るようになったので、家で食べる分ははそちらで買っている。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
プロフィール

ぱわふるマミー

Author:ぱわふるマミー
みんなに笑顔と元気を振りまき、不幸も幸福に変えてしまうパワーが自慢です。

仕事の古布を使った手芸や、これまで起こった(珍)事件など、忘れっぽい自分のための備忘録として色々と綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ホームページ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。