スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京国際キルトフェスティバル 

10月25日「東京国際キルトフェスティバル」の説明会があり、知人に出席してもらった。
       昨年と同じブース    NO E-3
海外旅行に出かける為にすぐに資料を送ってもらい、即書類を書き、即FAXをして完了した。
旅行から帰って来てからでも間に合うが、時差ボケ、体力減退、頭空っぽ状態では不安で仕方がない。
そうでなくてもそそっかしくて、自分でも信じられないミスを犯す事しばしば。
一見しっかり者に見えるが、家族は私をあまり信用していない!
2階もキャンセルした旅行に3回目の正直になるように、11月からはできるだけ何もしないで体力温存の日々を送り、旅行準備に1週間を費やしたがどんどん荷物が増えて行った。
私の中ですでに旅行は始まっている。


ドームチラシ


ドームチラシ裏 

スポンサーサイト

ドラゴンズセールに行った

ドラゴンズセール最終日の21日に、デパートに買い物に行った。

セーターとジャケットを買う予定で松坂屋に10時半頃に着いたが、催事場は年配のご婦人でいっぱいだった。

松坂屋には4年ぶりに行ったが、催事場の洋服売り場がスーパーの会場のような雰囲気。

どこかの業者さんが来て、どこかで見た事のある商品ばかりが所せましにせましに販売しているせいか、ワクワク感がない!

やっとの思いでウール100%のラメ入りセーターが気に入ったので買い、3階のバック売り場に行って見るとレジは長蛇の列。

安い安いバックがいっぱいあり一人で3個~5個腕に抱えて探しって回っている人でごった返していた。私は残り少ない商品棚の周りをうろうろ回って、人が手放したバックを3個ほど拾い集めてレジへ・・・・

もう少しで目玉商品のバックが来るというのでバク売り場は黒山の人だかり!

うまい戦術!

こちらから売り場を見ていると、私もあんな感じで東京ドームで売っているのかなと客観的に見ることができた。

「明日からは、静かになりますね。」と私が言うと
定員さんが「日本シリーズがありますから、もう一度あります」

すぐに帰るからといって出てきたが3時を過ぎてしまった。もう一つ海外旅行用品を買うのに東急ハンズと名鉄百貨店に行き家には5時頃着いた。

翌日足が痛くて安静にしていた。





獅子のタペストリー

タペストリー作りも4枚目になり、慣れてきて少しずつ制作時間も早くなり、効率の良い方法を考える余裕が出てきた。

古い帯地は近年の帯とは違い、糸がわたってなくてきちんと織り込まれている。縦には強いが横には弱くビリッといってしまうこともあり、しかも伸びる事もあるので接着芯は必ず貼る。

最初の頃は裏と表を合わせて帯地でくるむように作っていたが、固くてしつけをかけるのも一苦労。
そこで、表を全部のパーツを縫ってから裏と表を合わせて縫うようにした。

幅が広くなるので絹の着物地では対応できない為、綿の紬織に接着芯を張って作った。これだと大きなサイズのタペストリーも作る事ができる。


タペストリー獅子



タペストリー作り

9月中タペストリー作りをして20枚作り上げた。

作りはじめはいつものことながら、材料をあちこちから引っ張り出すのに時間がかかった。
時々、娘が歩き始めた双子を連れてやってくるので外遊びに付き合うようになり、息抜きでもあり集中力がプツン!と切れたり落ち着かない。

のお宝である古い帯地が30本あったので、それぞれに合う物をふんだんに使って作った。

最初に作った右の作品は、上下に細かな柄と深いグリーン地でチンの柄の名古屋帯を入金のバイアステープを縫い付けた。

帯地の裏に接着芯を貼ったが、すぐにはがれてきて手間取り、生地が固いので80㎝をしっかりしつけするのも一苦労。

ずぼらな私だが、今回だけはミシンで縫うたびにサイズを図り裏表をピッタシ合わせようと奮闘したが微妙にずれていたりして四苦八苦!  


チンタペストリー



 

東山動物園に行った


東山動物園チラシ

 
娘と双子の孫と「東山動物園」に40年ぶり?に行った。
正面の駐車場を通り越してしまったので、植物園に近い上池駐車場に車を止めた。
名古屋市内にこんな広大な敷地の森があるのにも感激してしまうが、植物園の裏側の紅葉は絶品と友人が言っていたので1度見て見たい。

植物園
東山植物園
 
娘は言うには、2歳ころまでに動物園に連れてくると、菌の免疫力がついて皮膚が強くなるとか。
キリンや像は遠くて孫たちにはよくわからなかったようだった。くまは近くで動きまわっていたが、ガラスが汚れていておまけに逆光でまぶしくて見えにくかった。
1歳2か月の子供にはまだ少し早いかな?と思ったがサルや小さな動物は喜んで見ていた。
緑の木々の中を歩きいたるところにベンチがあり、休憩をしながら久しぶりに外を2時間歩いたので疲れたがいい運動になったのでまたきたいと思った。

東山遊園地
東山遊園地




プロフィール

ぱわふるマミー

Author:ぱわふるマミー
みんなに笑顔と元気を振りまき、不幸も幸福に変えてしまうパワーが自慢です。

仕事の古布を使った手芸や、これまで起こった(珍)事件など、忘れっぽい自分のための備忘録として色々と綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ホームページ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。