スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エーゲ海クルーズ、バーリ入港

3日目イタリア・バーリに入港
バスに乗り換てアロベロッペに行く途中あと10キロのころで警察の検問にあい、20分ほどバスは動かなかった。
ようやく到着したものの見学時間が1時間となってしまい、タクシー(ポンコツのワゴン車)2台に分かれて乗った。
おとぎ話に出てくるようなかわいいお家がいっぱい!

アロベロベッロ3
                                         旧市街地から見た新市街地

アロベロッペ1 
キノコのようなトゥリッチが立ち並ぶ旧市街地
アロべロベッロ2 
    観光客に商売を始める青年

人口200人の町は観光客の方が多い。
別荘に購入する人もいるというが、お値段は3800万円也!
自由時間が20分しかなかったので、病気の友人と娘に船の中で書く絵葉書を大急ぎで買った。

スポンサーサイト

エーゲ海クルーズに行った

 10/29~11/9日までエーゲ海クルーズ旅行に行って来た。
名古屋セントレアからフランクフルトに行きベネチア空港からバスに乗りそして小舟に乗り換えてベネチア本土の宿泊するホテル専用のの船着き場に着いた。なが~い旅だったが、大昔なら何日かかっただろう? 

                         ベネチア朝2  
朝の海岸通りのベネチア  

ベネチア朝
             水の都
ゴンドラ 

                    ゴンドラで大渋滞
                       

私たちを乗せたサングラスのイケメンが漕ぐゴンドラも狭い水路でしばしば大渋滞になり、年配の船頭らしき男性が何やら大声で叫んでいたが長く乗れるのでラッキー!

朝の静けさはどこえやら10じ過ぎるとサンマルコ広場は観光客でいっぱいになり、どこの建物も長蛇の列ができてしまった。 
予定の時間を30分くらい遅れて豪華客船ムジカ(乗客3000人、乗務員1000人)を乗せてバリー向けてに出航。

船からのベネチア

船の上から見たベネチア

プロフィール

ぱわふるマミー

Author:ぱわふるマミー
みんなに笑顔と元気を振りまき、不幸も幸福に変えてしまうパワーが自慢です。

仕事の古布を使った手芸や、これまで起こった(珍)事件など、忘れっぽい自分のための備忘録として色々と綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ホームページ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。