スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北島三郎特別公演は最高!

北島三郎特別公演に御園座へ夫と一緒に行って来た。

北島三郎2

北島三郎 

サブちゃんの銅像


17時開演だったので、家を3時半に出て4時半ごろに着いたが、お年寄りでいっぱいだった。
第一部は「め組の辰五郎」のお芝居で、女房役は星由里子さん、脇役に松村雄基さん。
そして「さんまのからくりテレビ」からスターになった大江裕君も頑張っていた。
お芝居も今まで見た歌手の人が演じていた芝居より何倍もよくて、

                 さすが日本一!

第二部の歌のステージはまたまたすごくて、曲が変わるたびにバックの風景?というか飾り?が変わって紅白歌合戦を見ているようだった!

                 生活応援歌

これがサブちゃんの歌の真髄。

1年半闘病生活をしていたという大江君とのトークの楽しくて、歌謡界の大御所の重みあるお話もよかった。
大江君を素人の頃から見ていたけれど、普通の世界で生きて行くのにはちょっと大変そうな青年だった。
心が真っ白な青年だとサブちゃんも言っていたが、私もそうだと思う。
大江君は歌に磨きがかかり、声量感あふれる大迫力は将来北島ファミリーの看板スターを予感させるものだった。
ATOの太鼓も聞くことができてよかった。(名古屋芸術劇場でコンサートがあるらしい)
大迫力の舞台の最後は、龍に乗って「まつり」を歌うさサブちゃん登場!
120人のスタッフ全員の踊り!
御園座での最後のサブちゃんが見えて本当によかった。歌の好きだった父に見せたあげたかった。
親孝行したい時に親はなし・・・・・







 


スポンサーサイト

庄三郎のハサミを購入

毎日、忙しい!とにかく忙しい!
ネットで庄三郎の24センチのハサミを買った。
5年前に買った26センチがどこかにいってしまい、ずーと探していたが見つからなかったが先日娘の家で見た。
まっいいか~と思い帰って来たが、たまたまネットのオークションで見つけたので落札してしまった。
少し安かったかような・・・
ハサミ
私はオークションとか賭け事には向いていない性格だと思うので賭け事はやらない事にしているが、近頃オークションにはまってしまってちょっと困っている。
道具はいい物を使って、いい物作るのだ !
いや腕が悪いから、いい道具を使って作る。
15年くらい前、「庄三郎」のハサミを刃物の街「関」の業者から買い、家で使ってみたらところきれなくて仕方なく研ぎに出したがやはり駄目だった。
40年前に主人が堺市に行った時買って来てくれた「堺明章正」のハサミは今でも使っている。
ハサミやミシンは私の歴史をものがたり、その時の家庭の状況を思い出す。

大儲けはできないけどだけど、好きな仕事をしていられるのは幸せなことだ。
定年退職をした友達が何人もいるが、その中にはやる事がなくて週4日働いている友人もいる。
時間つぶしも、なかなか難しい!
楽しい老後は、自分が楽しいと思う事。
「一人遊び上手」





東京ドームで出店準備

先日、インドネシアから泊まりのお客様があるというので、家の中を年末の大掃除のようにきれいにした。
しかし、ホテルに泊まる事になったので無駄な努力となり焼肉を食べに近所に出かけた。
英語と日本語が堪能で自動車部品の代理店の社長をしている。今年リゾート地にセカンドハウスを作ったので来年こそは遊びに来るようにと言われた。
いままで作った手作りのお土産を、袋に詰めてあげた。
翌日掃除の疲れがどーと出たが、このところ家の用事が多くて仕事らしい仕事をしていなかったので仕事をした。

今年も「東京国際キルトフェスティバル」の出店の承諾を得たが、来年は、1/24日~30日の7日となり、実質的の値上げとなりますます厳しくなった。
お客様に、「ここは何の店?」と言われくらい売れる物なら何でも幅広く大量に扱っている。
とりあえず「和のお店」としてはやっているものの、デスカウントショップのようになりつつある。
目ざとく売れ筋の商品を1年かけて集め、大量に買い込む!
毎年ちがう商品を並べ、その努力に周りから半ばあきれられて見られている。
今年は太巻きのミシン糸と、丸帯、接着芯を大量に用意した。

ミシン糸 
太巻きのミシン糸



布団側と悪戦苦闘

先日、娘の嫁ぎ先が物置を立て替えて古い布団があるというので、もらいに行った。

物置というより立派な2間の部屋!
しかも我が家のリビングとお勝手を合わせたより広い!

広い部屋は、歴代の嫁が持ってきたと言う長持ちが4つ置いてあったが、松、杉、桐、とさまざまな材料で作られていた。
おおばあ様は、「長持ち歌」を道中歌ってもらいながら嫁に来たというが、その時に着た赤い花嫁衣裳は布団側になっていた。

 1-121021.jpg


絹の布団側を娘に手伝ってもらい布団綿を外して4枚持ち帰ったが、1週間かかって夫がほどき綿をきれいにローラーで取って洗った。
藍染の布団側3枚と、絣の着物3枚は何かと忙しくてそのままである。



プロフィール

ぱわふるマミー

Author:ぱわふるマミー
みんなに笑顔と元気を振りまき、不幸も幸福に変えてしまうパワーが自慢です。

仕事の古布を使った手芸や、これまで起こった(珍)事件など、忘れっぽい自分のための備忘録として色々と綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ホームページ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。